四 季 の 小 路
  
中田實(恵庭市)
  十五夜の鉄橋渡る列車音
  見えさうで見えぬ余生や秋時雨
  滔滔と浄水場の秋の水
  蜻蛉の口割れ羽虫かじる音
  革の間をよろめきながら秋の蝶
  
中鉢恵子(札幌市/秋さくら)
  一渓の滝の碧さに黙しけり
  嵐来て進まぬ一書秋の夜半
  長き夜や二行の愚痴を送信す
  冬紅葉美しき表裏の彩を踏み
  御無音を詫びる小筆や年の暮
  
中鉢洋子(札幌市)
  乾鮭や煤け薬缶の蜑の小屋
  尾白鷲光る尾の白オホーツク
  弓の背の光る店先年の暮
  街路樹の直立不動冬銀河
  浜の家の柳葉魚スダレに烏の眼
  
中村英史(札幌市/方円)
  木の根開く生命みしみしと溢れ
  被災地にはや築かるる蟻の塔
  紅葉筏静かに解くダムの口
  キネマ街道とんぼに三船派オードリ派
  死火山の本音たばしる雪解水
    
中村公春(鷹栖町/白魚火)
  初日記万年筆の大き文字
  恋の一つ二つ三つや春の風邪
  夏めける束ねし髪の古女房
  オンザロックことりと崩る夏至の夜
  点り朱てコイン手のひら赤い羽根
  
中村ひろむ(札幌市/壷)
  ピアノ曲雪まつすぐにまつすぐに
  春耕のはじめは鳶の真下より
  人逝かしめ皿のやうなる夏の月
  河童忌の顔のゆるみを洗ひをり
  かき氷り山朋し辺野古の土砂のこと
  
中森千尋(札幌市/道)
  ライラック画布に未完のテレビ塔
  丘陵の畝うつくしき夏隣
  代掻きの空までつづく盆地かな
  炎天に鉄組む音の切れ間なき
  菩提寺の寺領に迫る稲穂波
  
中屋吟月(音更町/柏林・寿月庵)
  星流れ痼りの如き息を呑む
  胸に穴穿ちて星の流れけり
  流れ星尾を曳き消えしあとの黙
  いさぎよく拘り捨てむ流れ星
  流れ星今日一日のエピローグ
  
中谷真風(豊浦町/蒼花・アカシヤ)
  代掻きの夕日沈めて帰りけり
  朝市の匂ひ新らし初夏の雲
  郭公やふと父のこゑ母のこゑ
  湾凪ぎのひたひた寄する遅日かな
  ながらへし昭和、平成雪しまく
  
仲谷比呂古(古平町)
  店仕舞ひ朝をむかへる蝸牛
  のど飴を含み掃除や春の朝
  数々の苦言を感謝ミニ渓蓀
  昼顔や吾れに癒しを与へくれ
  穏やかな夫と海胆丼細やかに
  
中山ヒロ子(札幌市/草木舎)
  黄砂降る搾乳の指桃色に
  トーチカの銃窓に来る夕立かな
  前浜に流れついたる夏休み
  笹起きる誰も知らない墓二つ
  朝あけの流氷軋む空軋む
    
永井清晴(芽室町/花鳥)
  木の洞の高層住宅子むささび
  子むささび山静かなり風しづか
  八十路初見参の子ばんどり
  目とまなこ見つめ合ひけり子むささび
  喘さごゑはどんな声やら子むささび
  
長尾久美子(小樽市)
  春光や靴屋の鏡低くあり
  夏きざす白き灯台くつきりと
  バス停にとどく海風踊子草
  春寒の音を吐き出す両替機
  初潮や首をまはして見る地球
 
永野照子(札幌市)
  ちがふ世の挨をすこし鏡餅
  花層の嵩かと見えて眠る母
  秋澄めり山の向かふといふところ
  紅葉山一輌電車加速して
  加齢しつかに木の家に夜の雪に