四 季 の 小 路
  
袖山功(登別市/登別俳句協会)
  村あげてよろこぶものに鰊群来
  おほぶりの昭和にかなふ初鰊
  海の色もて店頭の初錬
  鰊割く鱗びかりの媼たち
  たれよりも母のまさりし鰊漬
  
園部早智子(札幌市/葦牙・雲の木)
  忘却の一句は膜に初明り
  貝寄風や揺れの近づくイヤリング
  姫女苑むじん駅より人の乗る
  塔陰にひそと白雲木は実に
  舗装路の黒ぐろ極月の誤算
  
平倫子(札幌市/藍生)
  二ン月や牛蒡の土を懐かしみ
  早春の空やはらかな天邪鬼
  木の根明くそこに妖精の輪あり
  北海道命名以前大花野
  身に沁みて石牟礼道子闘病記
  
田岡ヒロ子(札幌市)
  いにしへの宴偲ぶる紅しだれ
  友の忌の白き鉄線昇りゆく
  ちちははに届けとばかり踊り抜く
  暖炉の火失意のなかに見つめをり
  欠航の毛布一枚ロビーの夜
    
高尾美津子(深川市/道・燕巣)
  渾身をもて泣く赤児秋の蝉
  菊人形素肌を出すは哀れなる
  栗飯をさげて無沙汰の笑顔くる
  平成の名残りの風や団扇おく
  八十路訪ふ熟柿ひとつで足る見舞
  
高垣美恵子(石狩市/雪華)
  ワクチンを打てば狐火見たと言ふ
  鳥渡るわたし水屋に踞る
  夏負けてカメオの女横を向く
  でで虫や歩くともなき日和下駄
  忘れたり忘れられたり羽蟻の夜
  
高垣卯八(札幌市/蒼花)
  喧嘩して笑ひて師走八十路坂
  何か捨て何かを背負ひ青き踏む
  排雪の道ひろびろと星増やす
  競りに出す馬の頬ずり夏の雲
  卒寿への十年日記年新た
  
高木則子(函館市/アカシヤ)
  ペン立てに千枚通し草城忌
  啄木忌夜風にさがすラーメン屋
  夕蝉や夫の気ままな農日誌
  星月夜尾崎豊の歌に酔ひ
  ポケットにいつぞの名刺雪もよひ
  
高木通子(小樽市/葦牙・ホトトギス)
  流灯会華やかに又しめやかに
  ビル街の空を征服いわし雲
  爽やかに「イランカラプテ」旅さ中
  風化せし石仏の露坐秋の蛇
  雁渡るまだ残照の空の果て
  
高崎常子(札幌市)
  元号の言霊ひびく聖五日
  小豆煮る音と香りと入彼岸
  軽鳧の子の胸に抗ふ水の壁
  ぎこち無き学園祭の氷菓売る
  朝まださ海霧に呑まるる漁師町
  
高澤三峯(札幌市/道)
  天高し雲を突き抜く利尻富十
  朝焼やマツターホルンいきり立つ
  モンブラン登るケーブル夏吹雪
  蝦夷富士の火口彩る名残雪
  轟音を響かせ谷の雪解滝
    
高瀬仁孝(歌志内市/アカシヤ)
  天高し一人も欠けぬバスの旅
  初秋の雲の流れを追ひにけり
  さはやかや木立の中の青い池
  唐黍や坂を下れば上富良野
  富良野路の天に峰雲地に畠
  
高橋欣也(札幌市/えぞにう札幌)
  水張りて春田となれば雲の影
  久々に古書のにほひや春きざす
  見下ろせば夕凪の街せつなくて
  湿原は月下にありて無口なる
  苦しみは生きてる証雪の垢
  
高橋つばさ(札幌市/道)
  有名人ならずも今日は桜人
  山笑う時には白き歯も見せて
  残業を夜の噴水に労われ
  一葉の色しか知らず露の玉
  音あらばトライアングル初雪来