四 季 の 小 路
  
河村まさあき(札幌市/ロマネコンティ)
  羽繕いしばし鬼門のいぬふぐり
  あめんぼう三界に家なしという
  霧ごしにのぞかれている認知症
  つぶやけば国つ神がみ櫨もみじ
  明眸をさがしあぐねし雪ばんば
  
川村暮秋(旭川市/雪華)
  等伯は父と同郷浬柴絵図
  春の雪親鸞伝絵宿したる
  薪能時空の極み地に還る
  てのひらに薩摩切子や夏兆す
  冥界の電話信じて明易し
  
川村良子(札幌市/若葉)
  幼子のふいにかがむや草の花
  簡単に決まる献立新豆腐
  溝蕎麦にかくるる流れ水源池
  吾がための童話音読夜の長し
  落葉降る獣医学部の畜魂碑
  
川元玲子(札幌市/玉藻・はるにれ)
  春潮の渚に拾ふ瑪瑙石
  初夏の風や結一び目延胡索
  浪の花とぶや奥能登ランプ宿
  棒立は国道五号はたた神
  蒼白き閤闇つれ歩く寒狐
    
菊田琴秋(札幌市/すみれ草・蒼花)
  立藤や色とりどりの通り過ぐ
  半裸なるよさこいソーラン汗光る
  青空や道のコスモス咲き乱れ
  秋のばら見とれては庭ふり返る
  輝きも返してテニス秋浅し
  
菊池敏河(札幌市)
  絶え間なく髪に睫に絵馬に雪
  待たされし歯科治療台窓は雪
  冬の鐘床の匂ひに時計台
  無駄のない溜息もつき亀は鳴く
  用水路ひそと路傍に草紅葉
  
菊池瞳乃(札幌市/道)
  夏蜜柑ふいに母郷といふ言葉
  万緑や戻るすべなき檻の象
  花は葉にどこか幼なさ象の牙
  父の日や補助輪はづす父と子と
  行き違ふこと多き日や立葵
  
菊地穂草(函館市/道)
  うち響く穀雨の雨に稿起す
  さてもさても喧嘩腰なる熊ン蜂
  大蛇棲む城の北側いつも濡れ
  もろびとの掌に冬雨の摩擦熱
  退くことを知らぬボクサー今年竹
  
北川保雄(北広島市/河)
  羅や女の魂胆透けて見ゆ
  山冷えのよさこいソーラン駆けてゆく
  はまなすの望郷の丘に咲き匂ふ
  秋田弁も煮て食ふだまこ鍋
  向日葵の男の部屋の一輪挿し
  
北城美差(札幌市/花桐柄)
  たんぼぼのやうに笑ふ君が好き
  熱帯夜マンゴーの熟れすぎてをり
  帰省子に買ひ足す米の重さかな
  敗戦日知覧の町は無言なり
  水鳥が寂しく唄ふウトナイ湖
  
北野克誠(留萌市/道)
  山眠る眠らぬ水を奔らせて
  妻は知る深き謂れの小豆粥
  曲屋を風曲り来て冴返る
  乳色の夜明け新樹の眠り未だ
  跳びたさを全肢にあつめ水馬
    
北見静香(比布町/樹氷)
  雪解して庭の秘密のあらわなる
  マーガレット飛び込んで来て庭の主
  ざわめくは落葉ばかりでない様子
  雪の庭ストップ遊びのごと眠る
  ベランダを舞台にしたる雪の精
  
北見弟花(比布町/樹氷・岳)
  啓蟄や大河頼みに村動く
  石狩川休みに来たる青田波
  花魁草百本数え九十歳
  凍れつつ支流離さぬ天塩川
  けあらしの大河に浮かぶ大雪山
  
北山てるみ(札幌市/花桐)
  米寿過ぎなほ睦まじき春障子
  風の香とカヌー漕ぐこゑ十勝川
  反戦をこめたゲルニカ見て秋思
  冬の朝信号待ちのストレッチ
  こんなにも笑顔になるやお年玉