四 季 の 小 路
  
青木まゆ美(札幌市/鴻・花桐)
  ものの芽のふくらむ頃の風の音
  スキップの靴音軽し花ミモザ
  背表紙の文字のかすれや鳥雲に
  夜の短規則正しき置時計
  除雪車の押しゆく闇の深さかな
  
青山酔鳴(恵庭市/itak・雪華)
  母とゐる一夜飾りの雛を訪ふ
  刈草にウオトカの香する夜なりけり
  罪の実に非ず余市の地の林檎
  寒林やバス停は文字から錆びる
  ターキーもチキンも竜の末裔聖夜
  
赤江橋明子(北見市/葦牙)
  庭石の影に三つ四つクロッカス
  春の泥踏んで来し靴洗いをり
  一・望に釧路湿原風光る
  一灯を囲む番屋の三平汁
  斜里岳の全容見せて冬晴れる
    
秋葉礼子(旭川市/樹氷・葦牙)
  牡丹のひとひらごと散るプライド
  勉強よし運動会も早い奴
  草原で名付けた一輪純心
  紙飛行機反り身にとんで鏡花の忌
  くれなゐに声まで染めて雁渡る
  
浅井通江(札幌市/艀通信)
  みどりまみどりピノキオの鼻伸びる
  カンバスに今納まりし青嵐
  ゴツゴツと岩にぶつかりながら夏
  寝息のつまった城から発つ初蝶
  帆前掛南京袋大西日
  
浅野数方(苫小牧市/白魚火)
  笑ふ山大きく見ゆる日なりけり
  雪割や看取る暮しを受け入れて
  佐保姫の渡りし畑に星ひとつ
  青き踏む忘れ上手な父と踏む
  ふらここや空は広しと戻り来る
  
蘆立角翠(札幌市/澤)
  歳時記と字引きと筆と年酒かな
  罐蹴りの子らに「御飯よ」遅日なり
  葉桜となりて林に埋もれゆき
  ピックバン・膨張・無限・星月夜
  雪を載せ石ここにあり冬の川
  
阿部志津子(札幌市/道)
  相席となるも緑や師走蕎麦
  工事場の鉄骨ひびく寒日和
  選らばれて標本木てふ桜かな
  体調良き友の電話や日脚伸ぶ
  流木に数羽の?や夏惜しむ
  
阿部眸(札幌市/道)
  芹の香の残る朝粥定山渓
  丹精の大輪の薔薇姉卒寿
  睡蓮の花を分けゆく鯉二疋
  あじさいも松も色なき雨の中
  万緑のごつき師の句碑男文字
  
阿部満子(札幌市)
  大寒やこの木が今日は雀の木
  農業高校カリヨンは残雪を越えて
  鳥曇人は愚かに争えり
  クレマチス乳母車から足が出て
  寺町の蕎麦は更科戻り梅雨
  
阿部光子(江別市/郭公)
  咲き満ちてなほさびさびと山辛夷
  落日の湖に影おく余花の山
  晩鐘や村に一樹の遅ざくら
  大夕焼湖の妖気と思ひけり
  仕舞風呂闇に出づれば青葉木菟
  
阿部幸子(札幌市/蒼花)
  折り鶴も飛ばしてみたき春の宙
  逢へたなら何から話そう彼岸入
  暑さ云ふ挨拶ばかり砂の宿
  太陽を呑み込む夏至の日本海
  身丈より多き荷のあり蟻の列
  
阿部由利子(上士幌町/道)
  羊雲娘に届け応援歌
  老いてなお仮装を派手に盆踊り
  盆提灯遺影の義母のすまし顔
  赤紙のまだ残っている終戦忌
  鮭帰る北方領土の署名する
  
阿部れい子(北竜町/道)
  静けさといふ響きあり寒月光
  地の神の太き声して木の根開く
  懐かしむ遺墨の癖や文化の日
  稲を刈る日々好日の音高し
  行く行くは鳥になりたき水芭蕉