四 季 の 小 路
 
小山内栄峰(えりも町/えりも)
  やすらぎと云ふ大樹あり囀れり
  牛のこゑ聞こえて遠き夏野かな
  風に木の漲る力巣立鳥
  涼しくて己が影踏む散歩道
  木枯しやどの子も思ふ母のこと
 
小澤泰子(小樽市/道)
  炎天を溌ね返す倉瓦屋根
  枯れ初むる白菊ほのと紅をさす
  秋澄むや努力の甲斐の骨密度
  汽車の着く案内吸い込む五月晴
  溌刺と練りゆく同期夏祭
 
押野美江(札幌市/ホトトギス)
  北窓を開けば土の香の一気
  まどろみの夢に母ゐて雛の間
  治聾酒を一蓋含む誕生日
  なほ北の水の匂ひに鳥帰る
  日は暈を解かぬままに霾晦
   
小園里枝(由仁町/畦道)
  初夏や恨むすべなき雲ひとつ
  掻きおえし代田に浮かぶ雲の白
  湯の火照り風にほぐれし洗い髪
  よき声と言わねど沁みて青葉木菟
  たましいの暫し預けし良夜かな
 
小田島清勝(札幌市/葦牙)
  碗豆に手を貸す竹の古びたり
  アジサイや嘘二つ三つ滴りぬ
  八住まぬ島を死守せしアッツの忌
  ジパングや黄金輝く銀杏林
  一夜にて回り舞台の冬景色
 
音無早矢(札幌市/艀通信・蒼海)
  銀漢のあふるるごとく窓に罅
  銀漢の光漏れをる北枕
  息継ぎをしながら星月夜にもぐる
  曇つてゐて星の見えない呼吸音
  ホテルから見えぬ星月夜のゆらぎ
 
小野恣流(余市町/道)
  竣工の橋を燕の渡り初め
  生涯を烏賊火の海の他知らず
  越境を得意顔して花南瓜
  鮭番屋五寸釘もて閉ざさるる
  利久鼠の海ねめ回す尾白鷲
 
小野寺泰代(江別市/ミモザ)
  鳥引くや搭乗口の長き列
  蕗のたう散りし朝餉の香かな
  青空へ花のモチーフ繋がりぬ
  名の知らぬ花を押し葉に夏惜しむ
  彩りを風が吹き消し冬来たる
 
小畠スズヱ(旭川市/樹氷)
  囀に足を取られし木の根道
  堂涼し抱きて余る丸柱
  被災せる鉄路の途切れ夏の蝶
  復興の絵馬の太字と法師蝉
  御布令書き熊に注意と吾亦紅
 
尾村勝彦(札幌市/葦牙〕
  夜は椿落つべしさくら狂ふべし
  盆僧の新車を駆つて来たりけり
  待春の日に透く繭のねむりかな
  水槽の蟹の泡ふく春の昼
  一本の鋼のごとく蟻の列
 
小山田富美子(札幌市)
  春風のまん中を来る路線バス
  信号を待つ間の桜吹雪かな
  鳥の目の射程にありぬさくらんぼ
  盆の月背中の丸い影ふたつ
  掃き寄せて落葉に母の匂ひかな
 
開米初枝(千歳市/千歳)
  水満たす田に影おいて夏の山
  初蝶の風にのりきて風たたむ
  鉄線花延びゆく先の迷いけり
  久万の雑寝姉妹に明易し
  晩年のなかりし父に秋灯す
 
角田順子(浜頓別町)
  札幌に十日後れてライラック
  涙腺のゆるむ齢やサングラス
  河骨や探査機写す月の水
  この町に昭和と平成生きて秋
  敬老日七十八の薄化粧
   
角田萌(池川市/itak)
  日盛や後れ毛多き娘たち
  虫寵を放ちて背丈伸びきれり
  厳冬の市場豚肉捌かれて
  バレンタインデーに文具を売るバイト
  ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く
 
笠井操(北見市/壷)
  海明けや妻の名の船おろさるる
  花びらの紅退く蓮の散る気配
  遊ぶ子の変身願望けむり茸
  どの文も起承を寒にいたはらる
  裸木の天真爛漫風遊ぶ