四 季 の 小 路
  
吉岡睦子(札幌市/馬酔木・道)
  絵馬の戌鳴かせて駈くる空つ風
  夕闇を待ちて崩るる白牡丹
  借景の水の中より夏至の月
  銀漢の北へ帯曳く地震の闇
  ひかりつつ鴨は水輪を拡げゆく
  
吉田洋子(釧路市/氷原帯)
  鶴のひな全身口となり食らふ
  樺若葉目をつむりゐて風まぶし
  牧草地の新芽にはしやぐ鳥の群
  イランカラプテ秋を装ふ花時計
  ブラックアウト出番は孫のペンライト
    
吉野早苗(札幌市)
  青銅の壷の塵拭く開戦日
  一人居や音なく暮るる傘雨の忌
  古書市に太宰の一書夜の秋
  初秋や石につまづく水の音
  昏れのこる白樺明り秋の声
    
吉村佳峰(札幌市/ホトトギス・玉藻)
  早々に一句賜る賀状かな
  来る人も訪ふ人も無し雪に雪
  猪口もよしぐい呑みもよし春の酒
  子を叱る声の筒抜け夏タベ
  つり橋も燃ゆるが如し谷紅葉
  
米坂節子(札幌市/蒼花)
  葉牡丹の秘めごと包むうすみどり
  カメラ持つ技師の童顔春うらら
  讃美歌の表紙綻び夜の新樹
  涼新た眼鏡の奥の広辞苑
  青墨のしずかな滲み秋立ちぬ
  
米澤康寧(札幌市)
  病の人群れと在り六月尽
  五月闇お伽話の母の声
  父母に悔いを拾はむ夏法事
  父母もいざいざ奥へ霊迎へ
  日陰にも如来のごとくカンナ咲く
  
蘭さと子(札幌市/鴻・モミザ)
  節分や鬼の居どころ児に聞かれ
  写真たての百日の笑み雛祭
  空蝉や着ぐるみの人休憩す
  風鈴や散薬急に宙の舞
  盆おどり螺鈿の櫛の形見挿す
  
渡部彩風(北見市/道)
  夕風はうたげの序曲月見草
  海霧探し擦文土器の傷のあと
  はまなすや錆深みゆく捕鯨船
  母の手の温み失せゆく冬の朝
  しんしんと雪しんしんと屍室
  
渡辺孝子(登別市/夏至)
  さながらに若葉の頃に逝きしこと
  春灯重なる本がひとつへり
  満開の桜に父の笑顔かな
  ゐぬことにまだなれずゐる立夏かな
  秋めきてあれこれみんなおいしくて
  
渡辺博生(岩内町/ホトトギス)
  つちふるや大地の色に染まる空
  朴の花地球の重さ抜けて咲く
  波の穂に遊ぶ四肢なり海開
  犬もまた月の友なり草の径
  対岸の山に雪の威海に浮く
  
渡辺フミ子(札幌市)
  青空にひと振りなぞる鶴の雲
  春の日の窓辺で読書舟を漕ぐ
  平成の三分ドラマ大花火
  彫刻の如き足跡夏の浜
  五月尽喜怒哀楽の朗読会
  
渡部まりん(札幌市/鷹)
  初暦顧客の誕生日を記す
  ifばかり考へてゐる春の波
  月曜のコスモス家出日和かな
  南瓜切る男は褒めて使ふべし
  極寒の街に蝋人形となる