四 季 の 小 路
 
今井嘉子(札幌市/百鳥・蒼花)
  梅ひらく大地の黙をほどきけり
  地平まで満つる青空麦の秋
  夏座敷畳の匂ひ踏んでみる
  梅雨寒や蕎麦屋の古き週刊誌
  廃屋に残る農機具秋暑し
 
今本衣女(旭川市/日矢・玉藻)
  晩春の伏見の里の寺の鐘
  サラダにはきりりと北の塩トマト
  また一つ諦め増えて秋の暮
  菩提樹の枝さやさやと冬の旅
  地吹雪の天地一つとなりにけり
 
井村美智子(旭川市/ゆく春)
  黒百合やアイヌ伝説語り継ぐ
  山笑ふ墨絵ぼかしに色をのせ
  牡丹の芽風の尖りに戸惑へり
  朝霞ガラスにありし指の跡
  動物園花火に鳴く檻鳴かぬ檻
   
入谷紘一(旭川市/ホトトギス)
  悼む師の春星となり我ら見し
  雛納む子の思い出も包みつつ
  句碑の里百句をめぐる草いきれ
  鬼百合の離農の庭に寂しくも
  えぞにうの海辺に沿ひしオホーツク
 
岩城睦子(札幌市/道)
  濃紺の朝顔ひとつ母の忌来
  足裏のざらつく廊下震災忌
  花街のはずれに古刹秋夕焼
  色街にひびく梵鐘星察
  産土の水をごくりと残暑なお
 
岩澤悦子(黒松内町/アカシヤ)
  パレットに搾り出す青下萌ゆる
  画用紙の笑顔の鬼や春立ちぬ
  エプロンを外すことなく三ヶ日
  常備するリップクリーム冬来る
  道の端を尾つぼふりふり浮かれ猫
 
岩筋由紀子(苫小牧市/葦牙・人)
  脈脈と開拓の魂花どぐゐ
  カムイミンクラはや冬帝の息づかひ
  其所此所に木霊の遊ぶ冬の森
  寒暁や蜂火のごとき番屋の灯
  西行忌一木一草あるがまま
 
岩渕徳以知(芽室町)
  十勝野をキャンバスにして薯の花
  解禁の山女魚狙うが釣果なし
  句は未完早く無くなる缶ビール
  どよめきの余韻残して花火果つ
  縺れあい何処に消えるか秋の蝶
 
岩間ナミ子(札幌市/蒼花)
  追憶の抽斗開ける花の雨
  杖の音ロビー行き来し春の夜
  その先にすがるものなき鉄線花
  蝉時雨あの日のベンチ一人じめ
  記念塔の天突く孤高秋日和
 
岩本明美(札幌市/郭公)
  青篁忌しづかに遠く秋の山
  さり気なく気遣はれをり菊日和
  雪しんしんと桃色の砂時計
  地震の地を照らす月なり雫せり
  被災地の誰れかれ案じ夜半の秋
 
岩本京子(札幌市/ホトトギス)
  夜空てふ大スクリーン揚花火
  初秋や必ず雲を置くポプラ
  蒼天に一服の涼赤とんぼ
  麗人の風着るやうにレース服
  極上の孤独を読みつ一夜酒
 
岩谷裕子(札幌市/澪)
  山眠る幾多の命ふところに
  道草の子のポケットに蓮華革
  草の花括れて明日に種こぼす
  十月の窓や果てなき空となり
  小春日を枕に猫の寝息かな
 
上杉敏子(札幌市)
  蔦紅葉天をめざして登り行く
  卒寿過ぐ母を連れ出す菊日和
  ひとり言こぼして落葉掃きゐたり
  草の絮せせらぎの音は母の声
  寒稽古終へて少年らしくなる
 
上田敦子(函館市/艀通信)
  初空や文字ひしめきて鈴の音
  大寒や折鶴の尾の直されて
  カーテンの片側の開く咳ひとつ
  骨盤の今朝の角度に雪が降る
  水足して言葉を足して春立つ日
 
上田すみ子(札幌市/雪嶺)
  双六の奥の細道釆を降り
  トンコリのやさしさ音色鳥帰る
  出国の手荷物検査夏帽子
  黄落や服着る犬の後に付き
  朝寝には緑なきくらし葱きざむ