四 季 の 小 路
  
三浦香都子(旭川市/対岸)
  オホーツクの海明けの色竜の玉
  一晩にして雪国となりにけり
  雪の上に大の字北海道が好き
  ダイヤモンドダストはるかまで大地
  二度寝して夢のつづきを春隣
  
三浦敏子(小樽市/雲の木・郭公)
  アトリエにある待春の写生帳
  木の根あく神の杜より水の韻
  父見舞ふ子に朝捕りの秋刀魚焼く
  あるじなさアトリエに菊あふれしめ
  これよりは余白のたつき冬に入る
    
三浦ゆかり(札幌市/道)
  スーパーの未入荷の札赤のまま
  故郷の列車一輌帰省の子
  稲刈りや雨天順延迷ふ夫
  高々とコンテナ積みて長き夜
  左手はまだリハビリーよ穴惑ひ
    
三國矢恵子(新ひだか町/道・蒼花)
  裸木となりて根つ子が力出す
  開戦日死者に柱といふ単位
  線香の火に灰のびて余寒なほ
  下萌や縄文土偶に産む力
  花冷えや身より外して喪の真秩
  
三崎千恵子(札幌市/葦牙)
  水無月のひかり巻き込む波頭
  灯を入れて盆灯籠の影の中
  山は今ひかりのるつぼ小鳥来る
  日と雨と風のからくり冬に入る
  読初やゆつくりひらく最終章
  
三品吏紀(帯広市/itak・雪華)
  母の背の縮む立春過ぐるたび
  夏日陰まだ夜の匂ひ残るシャツ
  太宰読む正しく堕落せし薄暑
  みどり児の新しき靴秋の葬
  水洟と涙の境なさ喪服
  
水野権一郎(札幌市/澪)
  北斎の浪より初日立ち上がる
  空ひろげ松百幹のみどり立つ
  「天秘」てふ侃の彫刻秋気満つ
  鰯干す白熱灯の海の中
  乾びたる遺影に供ふ今年米
  
溝田和子(釧路市/ホトトギス・玉藻)
  ホ誌投句投函今日は虚子忌日
  虚子曾孫三人主宰虚子忌日
  遠くより師を祝ぎ春の野に佇ちぬ
  師の米寿祝ぎて雛の灯消さぬまま
  俳譜に停年はなく青き踏む
  
南幸子(札幌市/樅)
  秘め事も吸り落して心太
  秋晴や杖を突きての伊勢参り
  天を突く伊勢の大樹や秋探し
  煮こごりの舌にとけゆくなまぐさ味
  隣の児声変りして卒業す
  
源鬼彦(札幌市/道)
  雪形の馬隆隆と開墾碑
  花の寺戊辰の役の刀疵
  蟻走る陽へ向かふにも叛くにも
  噴水の丈は日の丈子らの丈
  北吹くや離農のうはさ矢のやうに
  
美馬悦子(札幌市)
  空想の翼大きく霧氷林
  春光を纏ひて嬉々と鳶の笛
  窓辺にて頬杖つくも春愁ひ
  漂へるフリージアの香孤を包む
  団塊も老いのきざはし桐の花
  
宮ケ丁孝子(札幌市/丹)
  枯菊を焚くに足りたる風連れて
  山祀に木挽のこだま寒日和
  紙のごと日数重ねて雛送り
  馬酔木咲く堂の脇なる比翼塚
  十勝野の牧草匂ふ遠青嶺