四 季 の 小 路
  
並河裕子(札幌市/鴻・ミモザ)
  鞦韆やひとりの好きな母のゐて
  麦の秋ソファーに残る窪みかな
  ふるさとに従兄弟が一人秋あかね
  洗濯屋の蒸気はさ出す今朝の冬
  神の留守監視カメラは作動中
  
滑川賢一(札幌市)
  息つめて正しく払ふ筆始め
  夕日落つふらここだけの公園に
  奉安殿ありし日のあり夏痩る
  立秋や耳に届きし風の音
  裏道に遠き山みし秋日和
    
成田恵美子(札幌市/雪嶺)
  風薫るポプラの綿毛手に乗りて
  身に入むや地震の爪痕叫ぶ声
  桃出水緊急警報十人回
  夕日落つバカンの街にトンボ飛び
  インレー湖水上村の花カンナ
    
成田和恵(様似町/うのとり)
  めらめらと再起の炎むら魚簾
  初霰一句賜る胸さわぎ
  陽の沈む花野にとろけ風の椅子
  老いてなほ初心幾たび文化の日
  老骨に不意の試錬や初霰
  
成田青秋(函館市/天為)
  薫風や声はじけゐて駄菓子の座
  甚平の藍の深さに沈みたる
  横たはり背あぶる母の開戦日
  アンモナイト四温ふきだす渦の底
  捌かれて鱈の頭に値札つく
  
成田智世子(積丹町)
  のうぜんの花どことなくなまぐさし
  夜振火の一つ止まる一の岬
  海胆殻のランクン灯る夜の秋
  鴎にも餅播き岬の秋祭
  海鳴りや焚火は人の寄るところ
  
成瀬明(釧路市/葦牙)
  遠き日の木の橋はなく鮭颪
  ふるさとの兄の声聞く春日和
  海霧冷の出船見まもる花時計
  満潮の残してゆける流れ昆布
  風爽やか傘寿といふ傘授かりて
  
仁井峯花(帯広市/柏林・ホトトギス)
  ボンジョルノから始まれる春の旅
  日高山領を遠くに置きて豆を蒔く
  たこすみのパスタに染まる春の旅
  夕暮れや牛まるまると若葉噛む
  小さき川黒々として草いきれ
  
新倉百恵(小樽市/天為・アカシヤ)
  春満月五色の国旗で祝ふ国
  兄弟の弾む会話やつくつくし
  絹織を記念に賜ふ虹の橋
  色鳥や記帳ノートに知人の名
  おひねりのさくらがゐたりさるまはし
  
西千里(札幌市/天為)
  気嵐や埠頭の海猫は鳴きもせず
  クリオネの朱きはやかに氷る海
  羊蹄山の水滴滔滔と鯉幟
  蝦夷萱草武四郎詠む霧多布
  平成の火星探査や水中花
  
西井健治(札幌市)
  病窓に月の帷の熱寝かな
  盆踊インバウンドの声響く
  病床に踊り手の声ただよひ来
  窓見上げ手を振る吾子に風爽か
  遠来の恋人を待つ星月夜
  
西川良子(旭川市/雪華)
  耳の日の聴く耳聴かぬ耳同じ
  春吹雪仏ばかりが笑まふ部屋
  汗の身に塩のぬけきる昼下り
  浮世絵の猫の流し目薄紅葉
  雪女神酒の金粉横抱きに