四 季 の 小 路
  
菊田琴秋(札幌市/すみれ草・蒼花)
  良き年の犬は朝日を浴びにけり
  紅梅やさすらふ光戯れて
  自靴の光まぶしく師の歩む
  パンジーに太陽のかけら散りばめし
  光りたる氷の像の鶴の舞
  
菊池敏子(札幌市)
  君に問ふ冬芽の芯は熱いかと
  凍返る川は鏡に風の音
  四月馬鹿和太鼓たたく不倫刑事
  和太鼓に穴出でし蟻あたふたと
  花は葉に冷めたコーヒー含みをり
  
菊池瞳乃(札幌市/道)
  薄氷に閉じ込められて鍵の銀
  雛の髪直す白髪の人形師
  やはらかく余熱のごとく落椿
  桃色のあくびの赤子蝶の昼
  花の種通販の荷は夫宛に
    
菊地穂草(函館市/道)
  電流のやうな愛語を復活祭
  われら鳥族シリウスを標とし
  流星を眼で追ふ閏の漂泊感
  北風吹くも背骨一本立て直し
  猿人にもどる森あり冬の雷
  
北川保雄(北広島市)
  列島を休み知らずの蟻走る
  花冷えのよさこいソーラン駆け抜ける
  コスモスの心一つに奏でをり
  丹頂の凍てつくほどに燃え盛る
  言の葉の世に健気なに憲法記念日
  
北川義明(札幌市/踏青)
  影ろひてほのかに青き霧氷かな
  流氷や碧玉の海埋め残す
  てんと虫背に家紋の星の数
  ふうはりと結べる帯や螢の夜
  告知の日一期一会の雁渡る
  
北城美佐(札幌市/ミモザ)
  チョコ苦し恋を仕舞ひて受験生
  花を待つモノクロームの都会かな
  初蝶は夢の続きや服を買ふ
  ブランチの白きクロスに蟻の点
  新涼やポニーテールを解いてみる
  
北島晶子(札幌市/澪)
  絵らふそく今朝の和讃へ澄みにけり
  梵鐘のタベを告ぐや花木槿
  浮人形あらそひ知らぬ一人つ子
  旅さそふ春満載のメール便
  白鳥は声のかぎりに北帰行
  
北野克誠(留萌市/道)
  老ゆるとは軽くなること鰯雲
  江の電のカーブゆるやか神の旅
  溶接の青き火花や雪しまく
  余寒の手もて撫でまわす撫仏
  夏に入るビルは開かぬ窓を持ち
  
北見静香(比布町/樹氷)
  アスパラのヌードの性を変えられず
  恐龍も駆けた万緑まだつづく
  切に生き寂聴頭を撫ず薄署
  大桐葉静かなるとき企つる
  凍鶴の脚捕まりぬ浅き湖
  
北見弟花(比布町/樹氷・岳)
  昔日の遊びをくべる野焼かな
  サロベツや稲妻死語となる原野
  米寿なり新米古米まぜて食ぶ
  病む兄と長く遊べり盆太鼓
  新盆や指切りげんまんなんだっけ
  
木藤やゑ(小樽市/鶴)
  日当りの玄関先に芽水仙
  御詠歌の始まつてゐる彼岸寺
  春キャベツ音よく刻み切りすぎぬ
  北運河花いたどりの繁りかな
  急がねば海霧の濃くなる帰り道