四 季 の 小 路
 
梶鴻風(恵庭市/句写美)
  天に星地に韮の花日暮時
  燭台の燈明華瓶の花擬宝珠
  コスモスと聞けばコスモス色想ふ
  濃紺の朝顔無傷の空の紺
  腰痛に終日眩む花凌霄
 
梶さち子(札幌市/澪)
  ふくらみの弾ける匂ひ里の春
  一輪の夢は自磁に桃の花
  雨の日は雨に寄り添ふ四葩かな
  父さんの腕たくまし雲の峰
  クリスマスもしも二十歳に戻れたら
 
梶川蓉子(札幌市/方円)
  啄木の好みし坂や春あした
  積ん読の一冊抜きぬ牡丹雪
  ほうたるや舌訛むことも母の里
  一面の稲田ちひさき停留所
  寒波停滞高階の硝子窓
   
片岡璋子(七飯町/雪)
  靴裏も大地を踏めばあたたかし
  この世にてありし出会や花林檎
  蝦夷梅雨の午後の気怠さ生姜湯
  北国の夏日ま夏日夜涼まつ
  頼みおくことしつかりと盆迎ふ
 
勝俣慧子(札幌市/郭公)
  望郷や流るる雲に梅雨の月
  砂山の陰を過ぎゆく日傘かな
  ガラス器に花の一輪涼しくて
  ふる里の古木戸にゐて鰯雲
  山菜の青く香りて母の顔
 
勝俣比とし(札幌市/郭公)
  蝉鳴きてサイロのあるは牧の趾
  死せし木の梢の空に蔓でまり
  夕凪や渚の砂に岩埋れ
  古き日の一筆褪せし捨扇
  砂丘草地のごまの声の澄みわたり
 
桂井俊子(札幌市/天為)
  最北の地へ鶯や昼の雨
  朝日さす入学式の目次録
  水源の風を掴むや夏蕨
  夏山や懐に抱く石仏
  地球といふ揺り寵にゐて水は秋
 
加藤あや子(南幌町/今)
  山へ野へ速まなざしの雛たち
  永き日の出づれば声の嗄れて
  想ひ出やひたひた寄する彼岸潮
  そよそよと春風馬の深まぶた
  満蒙へ行きて帰らず黄砂降る
 
加藤恵子(札幌市/澪)
  始祖鳥の鳴く声想ふ夜長かな
  炎昼や四肢踏ん張りしテレビ塔
  キューピーの羽根のびのびと聖五月
  折鶴の寄り添ふ遺影雪の果
  ふくらかな耳のデッサン桃の花
 
加藤廣子(小樽市/天為・アカシヤ)
  清明のひかりを筆に写経かな
  透きとほる朝の鳥ごゑ麦の秋
  紅葉かつ散りて入り日の古代塚
  けふの日の赤を尽くして茨の実
  雲間より月影射せり十夜寺
 
加藤弘美(札幌市/ホトトギス)
  文集に大志を綴り卒業す
  恋の日の記憶が底に香水瓶
  手花火の消えて残りし風の息
  コスモスの風の濃淡揺れ合へる
  海風に神の放つ火珊瑚草
 
加藤ひろみ(旭川市/雪華)
  寒晴れや氷晶といふ輪廻あり
  春星や明滅といふしるべあり
  斬られしと気付かぬ薄刃春疾風
  山笑ふ世週ぎの絆も不燃物
  春蝉や泣くだけ泣いて取り直す
 
加藤房子(札幌市/はるにれ・小トトギス)
  一人居の夢を紡ぎて春の星
  凍鶴の朝日にほぐれゆくつばさ
  凍鶴の気品のままの立寝かな
  リラ咲いて札幌ワイン色となり
  桜鯛神戸の夜景見つゝ箸
   
加藤ミヨ(札幌市)
  秋舞台不退転の声役作る
  震災の無常の涙鳥帰る
  薄れたる大正や沁むる秋の雨
  余生とは定めのままか木葉髪
  ときめきは老躯にもあり秋日和
 
金井衆三(札幌市)
  薬師岳雲ノ平は春の虹
  み仏のみ手に寄せたる柳絮かな
  騒雨あと白雲木は実をこぼす
  炎天の川累々とコアストーン
  掌ひらけば朝霧の流れゆく