四 季 の 小 路
 
相羽よしゆき(湧別町/葦牙)
  幸せは今かも知れぬ春の夢
  行きずりの人もおぼろに包まるる
  顔馴染み減りしふる里かたつむり
  牧牛の動きゆつくいソ野菊晴
  凍てる夜のひとりの道を帰りけり
 
相吉香湖(白老町/氷原帯)
  海と山カムイありけり蝦夷の月
  自転車のきちんと並ぶ卒業歌
  忘れもの薬ひとつぶ春の椅子
  白詰草これからはじまるおままごと
  切り干しと芋と塩煮とばあちゃんと
 
青木まゆみ(札幌市/鴻・ミモザ)
  花鋏かるき音して寒明くる
  彼岸会や長き廊下の明かり窓
  羽搏きて落つる気配や白椿
  描きかけの画布に差したる西日かな
  地震後の公衆電話秋暑し
   
青山酔鳴(恵庭市/雪華・itak)
  薫風や植物園に湧水の趾
  蝦夷梅雨や雨鱒源流遡る
  乳色や湯も残月も登別
  勇魚啼き民族ごとの星座の名
  プロキシマ・ケンタウリまで犬橇の急
 
赤江橋明子(北見市/葦牙)
  廃屋の往時を凌ぐ黄水仙
  駐在所囲みて昆布干してあり
  片陰をゆっくり歩く盲導犬
  氷下魚釣り昏れて風哭く風蓮湖
  立ち話夫の雪割り捗らず
 
赤部あき子(札幌市/若菜)
  忘られし軒の干菜も氷柱垂る
  窓の灯が恋しと曲る軒氷柱
  しばるるやひとつ明かりにうから拠り
  雪明り影絵のごとく人通る
  五百重山色を違へて春立てり
 
赤山典子(札幌市)
  庭の木々防風ネットでほほかぶり
  補聴器の故障で電話ききとれず
  家計簿の計算あわせボケ防止
  八十路秋通院出来るありがたさ
  八十路夏カットの頭切りすぎて
 
秋葉礼子(旭川市/樹氷・葦牙)
  青鷺の恍惚とあびる日輪
  萩たわわ一本だけを諾えり
  聖火リレー横切る風の毛蕊花
  おもちゃ箱まだ眠っておる雁の声
  兜虫ただ今池で犬掻す
 
浅井通江(札幌市/艀通信)
  エックス線白い所がきさらぎです
  空に色薄氷に罅ありにけり
  桜咲く母ありし夜もなき夜も
  やわらかい食感の夏立ちにけり
  次の間をあけ放ちけり夏休み
 
浅野数方(苫小牧市/白魚火)
  文字美しき野鳥日誌や宇津田姫
  大鷲の描く曲線空を磨ぐ
  白鳥来る耳をくすぐる風のあり
  白鳥の糞太々と冬ぬくし
  冬の鳥一本の木を奪ひ合ふ
 
浅野富士子(旭川市/道)
  聖鐘の音の降りつづく恵方道
  鳥雲に讃美の声を交はしつつ
  雲の峰主に託したる祷りかな
  夕月夜こころの友の三周忌
  冬に入る来し方行く方主にゆだね
 
浅野美代子(上士幌町/道)
  父と子の公園デビュー草青む
  蝿叩き一撃にして晴れ渡る
  ポケットに白きハンカチ美術館
  大地震ころげおちたる露の玉
  片陰に工事現場のヘルメット
 
蘆立角翠(札幌市/澤)
  梅桜雪の花点け春星忌
  枝切りの梅窓際に明日句会
  スニーカー・シャツ・ズボン散る夏河原
  稲妻や北限の稲孕ませて
  大氷柱水滴ふくれ煌と落つ
 
阿部志津子(札幌市/道)
  俎板に鱗貼りつく初鰊
  豆まさの鬼を信じる園児の眼
  鬼灯の苦みは母の小言かな
  人住まぬ小暗き庭に花梨の香
  金の縞もて余すかに冬の蜂
 
阿部眸(札幌市/道)
春あられはじく女の男傘
  凍道やひるむ着物の浅葱色
  風邪の子の粥は三分と祖母の声
  十月の風を袂に拾いけり
  遠き日の薬行李の紙風船