四 季 の 小 路
 
岡田慶子(東京都/道)
  新緑の山に映えたる朱の鳥居
  散りきれぬ梅一輪の未練かな
  夏まつり赤き蹴出しに草津節
  いがぐりや触れて夫恋う痛さかな
  秋の蝉法事に集う隠れ里
 
岡田春水(美唄市/雪嶺)
  生き延びしいのち静かに初句会
  見えぬ世へ転びては立つ仔馬哉
  廃線を止める手のなき土筆かな
  変わる世は風に任せて一ひるね
  欲しい物なきうつしよの夕涼み
 
岡本清(札幌市/花鳥・ホトトギス)
  淋しさを身にまとはせて木葉髪
  朗読会指先乾く冬に入る
  暮れてゆく空白樺の冬木立
  鍵をさす取手冷たき我が家かな
  雪の日の愁ひにひたり藤村詩
 
岡本正敏(札幌市/濃美)
  あら玉の闇開けゆく北山河
  味気なき減塩食の冬至粥
  輸血後の血のあたたかき春隣
  リハビリの手足の動き木の根あく
  リハビリの一歩確かむ春の杖
 
岡本嘉子(札幌市/濃美)
  生卵割つて真白き春の卓
  糸遊や遠き峰々揺れ動く
  玫瑰や波の向かふはロシア領
  どの顔も歳を隠さず盆踊
  芋団子茹で上りをり戦中派
 
小笠原かほる(室蘭市/・itak)
  寒明けの友は仏の名となりぬ
  切込みの鰊どんより海の色
  放尿のあとに犬蹴る苜蓿
  とりあへず悩み丸ごと冷蔵庫
  合わす手の皺また深く原爆忌
 
奥泉和子(釧路市)
  山脈のおくに残雪白き月
  うれしさは春の光を手に掬い
  阿寒湖の湖水開きや砕氷船
  夕涼み湖水の風に身をゆだね
  うららかや温泉巡るレトロバス
 
奥野津矢子(札幌市/白魚火)
  極月の雪の嵩より朝の木
  忙しなさ香具師の両手や息白し
  身の透けし魚の骨格寒明くる
  古里は北国ちぢみ菠蔆草
  春めくやこけしの顔の眠たさう
 
奥山博子(美瑛町/若葉)
  春立つやブーケのやうにサラダ盛り
  水神の碑小さし稲の花
  末枯れてより美しさ池の青
  噴煙の息を絶やさず山眠る
  身ほとりに眼鏡筆立て室の花
 
奥山博(旭川市/ホトトギス)
  望洋と白むサロマ湖月涼し
  珊瑚草もえてオホーツク秋深む
  漁夫の意地不漁の秋刀魚を引き寄せる
  鮭帰る浜辺に竿の物語り
  大雪山詩情深めて紅葉張る
 
小熊美津(札幌市/郭公)
  水晶のごとき高嶺や冴え返る
  炎天を来て樹の下の子供たち
  白玉に集つてくる昼の椅子
  文化の日影を大きくクラーク像
  雪ぐつの揃へてありぬ参観日
 
小黒きさらぎ(北見市/若葉)
  玉葱畑磧となりぬ秋出水
  虹鱒の畑に乾ぶ出水後
  馬鈴薯もまぬがれがたし秋出水
  大雪山の東に針路雁の列
  新草や牧となり切る山ひとつ
 
桶谷比呂史(札幌市/澪)
  古里よどこ曲りても恵方かな
  豪雪や男子誕生山霽れる
  なほ北へ乗換駅の遅日かな
  宅配の帽子が走る夏の雨
  影宿す倉庫は古し水の秋
 
小山内栄峰(えりも町/えりも)
  やすらぎと云う大樹あり囀れり
  牛のこゑ聞こえて遠き夏野かな
  風に樹の漲る力巣立鳥
  木の影に牛の集まる薄暑かな
  新涼の奥嶺濡らして雨近む
 
尾崎和子(札幌市/百鳥)
  初山河ひと日何やら身の軽し
  列車音過ぎ筒鳥の鳴き出せり
  酒まつり大人ばかりの子供の日
  滑り台枯葉の中に滑り落つ
  月冴ゆる音楽堂へ橋渡り