四 季 の 小 路
 
大澤淳基(札幌市/壷・岳)
  夜もすがら風に弄られ痩せ氷柱
  兄の死や雪積むごとく花すもも
  自シャツを着やう心根明かす朝
  夏蝶や虚空の色をささげ来る
  麦の穂に時々消ゆる兄の背
   
大澤久子(札幌市/天為)
  言霊の幸ふ国の春満月
  天窓も鏡も爪も磨ぎ立夏
  天清和ひとつ全きこころざし
  身に沁むや点眼に開く母の口
  鳶の声天より届く枯野かな
 
大谷博光(札幌市/道)
  手造りの風でと呉るる京団扇
  ひとり碁の音だけが音居待月
  湖に夜を閉ぢ込め大焚火
  寝べきころ甲斐甲斐しきは嫁が君
  煮凝にブラックホールらしきもの
 
大谷米子(黒松内町/アカシヤ)
  雨空を高く低くと夏燕
  一坪に三日をかけて畑打ちぬ
  花フエスタ見知らぬ人と薔薇談義
  玄関に春泥の靴そのままに
  立春をすぎて日差しのちと和む
 
大玉文子(新十津川町/阿夫利嶺)
  餞にお守りひとつ春立つ日
  蹲踞の柄杓の湿り沙羅の花
  待つといふときめき青水無月にかな
  夫の座は今も此処なり冷奴
  風のいろ変る気配や秋立ちぬ
 
大塚信太(池川市/玉藻・ホトトギス)
  灯を消すも香水の香は消えざりし
  倒産も俗事のひとつ大夕焼
  意地悪な視線が案山子の後ろ見る
  防波堤じりに香まれてしまひけり
  手足より意志逃げてゆく昼寝かな
 
大槻独舟(札幌市/花鳥・童子)
  洞爺湖に写る噴煙鳥雲に
  何もなき石狩河口鳥曇
  春の野や老いも無心に旅心
  くねりゆく石狩川の春の水
  暮れどきの声あてどなき春の水
 
大西岩夫(旭川市/雪華)
  伊勢秋の両の御前に鮫小紋
  夏雨の和らに転生輪廻聴く
  春風の速連山へ吹き抜ける
  たたなづく美田のかなた薔薇園
  言ふなれば佳きことばかり走馬燈
 
大西順子(札幌市/ホトトギス・柏林)
  弥栄や主宰よく痩せ更衣
  一箱の叔母のまごころ柿届く
  厩戸王ゆかりの古都へ旅うらら
  筆文字の気韻涼しやかな書展
  円熟味具はるおもて敬老日
 
大野甲音(利尻町/道)
  巌打つ飛沫に乗せる初日の出
  猫柳背なの赤子のやわらかし
  えぞにゅうや風の岬はチヤシの跡
  朽ち舟の錆の軽さや赤蜻蛉
  荒ぶ波島は西より末枯るる
 
大野喜和子(札幌市/道)
  添書に泛ぶ故郷賀状繰る
  風光る漁を終えたる父と子に
  砂場いま蝶が借り切る日差しかな
  ビル街にまぎれる古刹つつじ燃ゆ
  豪商の格式いまだ夏座敷
 
大場紫朗(千歳市/樅)
  願ふこと多き齢や初詣
  悟るとは己知ること彼岸寺
  時の日や遠隔操作の寺の鐘
  ふたりゐて違ふ薬を飲む夜長
  装ひを替へるマネキン春隣
 
大林端芽(札幌市/道)
  八十余この錦秋を古酒に酌む
  秋喋の逆風に飛ぶ余力かな
  遠灯り絶唱と聞く虫の声
  蔦もみぢ陶然と坐す石の蔵
  降り初むる雪雲と呼ぶを嫌ひつつ
 
岡崎健風(札幌市/白魚火)
  宮司の身故の正客初茶の湯
  潔齊し纏ふ衣冠や招魂祭
  トラックに露店積上げまつり果つ
  御朱印の墨しかと摩る神無月
  狛犬に掛くるはたきや今朝の雪
 
岡澤邦彦(札幌市/アカシヤ)
  時雨れては苔に沈みし石仏
  踏絵ふむ踵に風のやはらかし
  淡雪や宛名の墨の乾くまで
  浜の端を灯す梯梧の花こぼれ
  夏の日を独り歩むや犀の角