四 季 の 小 路
 
漆崎とし子(札幌市)
  くもりなさ卒寿きらきら秋彼岸
  胸はづむ包みあれこれ敬老の日
  諸もろのふれあい覗く秋の熊
  洞爺湖の小島にたたむ鹿の秋
  入院のペットいつまで菫咲く
   
江草一美(札幌市/草木舎)
  立春大吉病室のドア半開き
  ロックだバラードだ雪山が続く
  春潮や廊下の奥の日章旗
  指切をしただけ薔薇に触れただけ
  夜が明ける緋色の薔薇の根元から
 
越前唯人(苫小牧市/道)
  黒帯の少女の正座夏来る
  若沖の鶏の振りむく酷暑かな
  いつまでも忘れ去られて水中花
  車椅子にも乳母車にも桜
  白南風や船乗りになる夢のこと
 
遠藤静江(札幌市/草木舎)
  神宮の手水の音の秋高し
  烏いて人来て冬の朝日かな
  冬の日が港の隅に暮れてゆく
  日脚伸ぶ地球儀めぐる日脚かな
  やあと言い春の半ばと握手する
 
遠藤由紀子(札幌市/いには・草木舎)
  海明けの日矢へ手のひら足のうら
  囀やバター泡立つ鍋の底
  ビリケンの蹠つるりと麦の秋
  百骸のゆるみきつたる大昼寝
  子の帰国てふはアメリカ夏燕
 
及川澄(札幌市/澤)
  冬深しシベリウスいま火の匂ひ
  雪の果いつとも知れず今日も雪
  繊月や鳴くを忘じて眠る亀
  小体なる邦子好みの酒庵未夏
  海の紺末枯の野の遠景に
 
生出紅南(札幌市/百鳥)
  縄文列石の影の乱れてゐる秋思
  色変へぬ松縄文の祭祀跡
  縄文の衛士のやうな赤蜻蛉
  秋声や乾びし海星踏みて行く
  海藻の揺らぎ止まざる九月かな
 
大石多美恵(千歳市)
  深呼吸また探呼吸青葉風
  天空の城跡巡る登山杖
  どくだみの花の匂ひや通り雨
  秋潮や遊覧船の人寡黙
  林道の明るきところ蔦紅葉
 
大内良一(札幌市/氷原帯)
  夏帽をとりて破顔の禿二人
  コンサートはねて皆寡黙落葉踏む
  別れ霜八十路の坂をひとつ越ゆ
  連翹の黄色が結ぶとなりぐみ
  くによりも家族の平和初便り
 
大江流(函館市/道)
  季違ひの花火あら-と見上げをり
  待乳山母火をつけし大暑かな
  生涯の谷間に果報君影草
  天高し杣三代に枝打ちす
  百姓の名残りや角の鉄線花
 
大川つとむ(砂川市/アカシヤ)
  初夢にまた転勤の荷を絡げ
  平成も昭和も薄れ吹雪けり
  虫干や明治の箪笥にある隠し
  打ち明けてより身の軽き芒きかな
  天気より始まるニュース春立ちぬ
 
大河原倫子(札幌市)
  丸窓のありし踏台浮寝鳥
  着膨れて本籍本名虚ろなる
  懸垂の脇あまくなる養花天
  山峡に色褪せぬ皿石鼎忌
  美しき誤植なりけり忘れ花
 
大窪孝子(利尿町/道)
  対岸を覆い隠して冬怒濤
  露時雨畑一面のいぶし銀
  波の花磯に蠢く旅の果て
  庭眺むだけの端居や夫が好き
  雪形の頃合い見上ぐ鍬二本
 
大坂博(札幌市)
  消印地不明の葉書敗戦忌
  音もなく海霧の埋めゆく噴火湾
  煌めきて宇宙を支へる冬銀河
  終航の石狩川渡船冬隣
  牛群れる十勝野の牧雲雀鳴く
 
大崎富美子(札幌市/踏青)
  落日の石狩砂丘浜防風
  天道虫つるむ葉先に農学部
  菜園の主の貌して女郎蜘蛛
  ケーキ屋の笑ふ南瓜やハロウイン
  被写体のスーパームーン冬の空