四 季 の 小 路
 
岩本明美(札幌市/郭公)
  冬銀河駿馬の眠る上にかかり
  夜桜をはなれて大き星の粒
  ことごとく夕日に応ふさくらんぼ
  松葉杖手に青年の夏帽子
  浜鴉敏し鮞こぼれをり
   
岩本京子(札幌市/ホトトギス)
  草笛の子が草笛の父となる
  夕食に秋刀魚一刀あればよし
  夜をこめて鳴く邯鄲のリフレイン
  ぬばたまの闇にひときわつづれさせ
  人生は一と夜の夢やちちろ鳴く
 
岩谷裕子(札幌市/澪)
  ささやかな暮らしを包む月夜かな
  菊香るうす紫や母の色
  餅の数尋ねて今朝の始まりぬ
  みどり児の握りしめたる冬日かな
  飛び込んでみよと朝の冬青空
 
上杉敏子(札幌市/鴻・ミモザ)
  身に適ふ母の作りしちやんちやんこ
  膝までの雪漕いで来る郵便夫
  酒蔵の窓辺を飾る吊し雛
  急ぐこと忘れてゐたり蝸牛
  梅筵広げて母の忌の近し
 
上田敦子(函館市/艀通信)
  白鳥の目印の樹の昏れ残る
  時計屋の十時十分鳥曇
  桜へと無菌病棟えほん積む
  氏素姓桜並木のまん中に
  初蝉や文箱のなかの二重底
 
上田すみ子(札幌市/雪嶺)
  元日の瞬きひとつ閏秒
  神職の居らぬ社や月朧
  公園の夜半の闇より遠蛙
  もてなしの薄茶頂く秋澄む日
  潮にわかさぎ釣りの穴いくつ
 
植西喜雄(名寄市)
  今年作育てて呉れた南瓜マルチ
  秋晴れを天の恵と芋を掘る
  雨又雨大農具庭に芋手掘り
  今日も晴れ手堀し芋畑眺め居る
  根に落葉タメて裸木久に入る
 
上野羽吹(札曝市/道)
  火の国の雨の末黒野赤き傘
  昭和の日田中絹代の映画見に
  夏の川餓鬼大将は今いづこ
  七輪で秋刀魚を焼けと父の声
  縄と父の阿吽の呼吸雪囲
 
臼井桂子(札幌市)
  交はらぬ鉄路の行方涅槃西風
  秋ともし伽球店の麻袋
  満月や地中に潜む高圧線
  夕暮のけんけんけんば木の実降る
  つぶやさはホモサピエンス稲の花
 
臼井千百(札幌市/氷原常)
  これまでもこれからも箸文化の日
  尻のもの流しておりぬ終戦日
  前足を我等腕へ天の川
  ふりがなのように寄り添う敬老日
  十二月八日の熱い熱い茶だ
 
臼渕啓子(札幌市/ホトトギス)
  母の日や安らざ貰ふ母ありて
  うねり来る祭雑子に肩車
  早々と帰るを待たず散る椿
  敬老日母が手本の知恵袋
  金風の何か告げをり頬伝ふ
 
内野弓子(札幌市/蒼花)
  空港にとり残されしマスクの眼
  春一番貼紙の猫さらはるる
  眠剤を半分花の風はんぶん
  一日の景色の底に座禅草
  採血管三本まとふリラの冷え
 
内山実知世(函館市/白魚火)
  スカイツリー昇りましたと初便り
  俳人の古稀は若きや初日の出
  外つ国の人の笑顔や花大根
  黒百合をめでつつ十勝岳を恋ふ
  夏の鵙水を求めて手水鉢
 
内山優美子(札幌市)
  桃の花壷にまどろむ小半時
  ペンキ塗り立て漁り舟に風光る
  足元の秋告げる草親しみぬ
  コンバイン残す動線秋日和
  しんしんと未明の音や冬木立
 
梅津早苗(苫小牧市/河〕
  成人祭蝶のパスタの茹で上がる
  煮凝りの舌にとけゆく涅槃の日
  海鳴りや修道院の種まく日
  香水やマリーアントワネットの処刑の日
  菊なます命あまさず生きむとす