四 季 の 小 路
 
伊野多津男(札幌市/草木舎)
  穂芒にうしろ姿のありにけり
  冬晴れの恵庭岳見ゆつぼ八も
  緑児の別れの仕種風光る
  くちびるを舐めて立夏とつぶやきぬ
  輸送船海底にあり日雷
   
井上修一(札幌市/澪)
  ひもすがら音譜飛び交ふ春の森
  衣更へて胸中の帆をふくらます
  この星の滅びる速さ彼岸花
  雪吊を終へ名園の確乎たり
  真ん中に二児を挟みて初電車
 
井上双葉(札幌市/スズラン・樺の芽)
  句ごころの満ちゆく車窓紅葉晴れ
  露天風呂枯葉浮べて幸分つ
  新じゃがの変化自在に卓満たす
  惜命忌介護の話そこかしこ
  爽籟や頃やよしとて旅ごころ
 
猪俣総恵(札幌市/はるにれ)
  待針の集めるひかり春隣
  食み跡の傷白々と木の根あく
  春眠の怪獣五頭おもちゃ箱
  いとけなき文字の招待雛パーティ
  天地消し石狩燈台冬怒涛
 
伊林美恵子(音更町/ホトトギス・柏林)
  灯をつけず網戸の風を募るるまで
  天心の月に無言を聴いてをり
  雑用を省略したる暮の秋
  手つかずの草地となりて虫すだく
  ふる里の遠くなりゆく秋思かな
 
今井章雄(浦臼町)
  縄張りの天辺にゐ囀れり
  耕やして缶コーヒーを一気呑み
  花嫁を迎へる如く苗を買ふ
  青嵐学らんの裾ひるがへし
  ひと抓みの塩舐め八月迎へけり
 
今井星女(函館市/白魚火・ホトトギス)
  卒園児拍手拍手でむかへられ
  卒園児紺のスーツがよく似合ひ
  園長の短かさ祝辞卒園す
  第二部は短パン姿卒園児
  歌が好き裸が好きと卒園児
 
今井嘉子(札幌市/百鳥・蒼花)
  穏やかな日差しに開く雛の箱
  水温むページ新たな農日詰
  花束を抱き母の日を撮られけり
  初秋や雲の放浪見て倦かず
  百幹の樹樹のやすらぎ秋日和
 
今本衣女(旭川市/日矢・玉藻)
  夏至の日や暮れぬタベの北の丘
  時の過ぎ心模様の四葩かな
  再会のげんまんしたる花月夜
  お見舞の足取り重き遅日かな
  身に入むや落ちる砂の音聞えたる
 
井村美智子(旭川市/ゆく春)
  軽鳬の子の親に蹤きくる信号機
  紫陽花寺往き交ふ人はカメラマン
  沙羅の花昔からあるカフェテラス
  海中の不思議見らるる鰊群来
  流氷やビザなし旅行尾白鷺
 
入谷紘一(旭川市/ホトトギス)
  村つつむ今は盛りと蕎麦の花
  こおろぎの澄む鳴き声に眠り入る
  天の川被きて眠る山の小屋
  茸もらひ季の流れの早さ知る
  コスモスの風のきげんにまた揺らぎ
 
岩城睦子(札幌市/道)
  冬日和稚は両手にビスケット
  結納の席へ来る猫深雪晴
  新雪へたてる箒目純喫茶
  立春や一筆箋に天女の図
  五線譜の音符のすきま春日射
 
岩澤悦子(黒松内町/アカシア)
  かつかつと朱のハイヒール山笑ふ
  のどけしや黒毛和牛の大あくび
  菓隠れにむらさき濃ゆき鉄線花
  十五夜のふと口ずさむわらべ唄
  掃初や子らの気配ののこる部局
 
岩筋由紀子(苫小牧市/人・葦牙)
  受難曲流るる館春残し
  桜蕊ふるや命の在り処
  行間に滑り込みたる蝉時雨
  末裔の語り朗朗実はまなす
  風呂吹きや平凡と言ふ幸福に
 
岩間ナミ子(札幌市/蒼花)
  御無沙汰の便箋にふる桜花
  大雪渓アイゼンの音蒼天に
  空知野に纏ふものなし春夕焼
  雲海の置き網ひきし山の神
  鎮魂の鐘にゆるるや弥生の灯