四 季 の 小 路
 
陽美保子(札幌市/泉)
  風花の東京に子を訪ねけり
  一筋の日本手拭ひ底冷えす
  赤ん坊の舌の覗ける春隣
  春宵一刻みどりごに湯のにほひ
  鴎らの囃せる春の波頭
 
横井キミ子(由仁町)
  ピョンと出た螇蚸に驚く夏休み
  ショールかけ隣りに届けるお裾分け
  萩の花スクランブルに括れ続く
  推敲の一句決めかね紅葉狩り
  一匹のはえに老体驚らされ
 
横尾スズ(札幌市/花桐・ミモザ)
  よろめきて人の優しさ雪しまく
  一仕事終えしごとくに冬終る
  廃線の鉄路の錆や草萌ゆる
  草に寝て歌ひたき日や鳥雲に
  鉄風鈴火をくぐりたる音色かな
  
横関公晴(上士幌町/道)
  馬売って嘶き残る頬被
  雪女郎銀糸の帯を解きにけり
  売り尽くす意気込みの声大根市
  焚火焚く話題変わりて火を育て
  夏の雲羊蹄山の峰掴む
 
横田美佐子(音更町/柏林・ホトトギス)
  旅戻る心身花に染まりつつ
  青空に足投げ出してとる昼餉
  銀杏をひろひし指のまだ臭ふ
  一匹のとんぼとしばし木のベンチ
  青空のひと際蒼し霧氷散る
 
横村楓葉(余市町/森の座)
  春立つや血の人参を磨りおろす
  若き日の妻の人台百合白む
  敬老の日や雑布を締り切る
  鰯雲こころを綴る原稿紙
  残菊を人の深さの水に挿し
 
横山いさを(江別市/樅)
  一服の婆もありけり磯莱摘
  石狩川の砂嘴の先端馬洗ふ
  そして誰も居なくなりけり夏座敷
  顔写真付の西瓜を叩けるか
  豚汁が届くよ結ひの雪卸
 
横山美卯(札幌市/壷)
  水飲めぬ母へ若水湿らせて
  大寒の日を選びたり死の旅路
  夕づくを面影草の打ちはらふ
  いつぞやの折れし幹より花ずはう
  耳もとへ母の声して月鈴子
 
吉尾広子(北竜町/道)
  向日葵のあの顔これも妣の顔
  夏烏都会の掟かわすかに
  吟行やビルの間にも山法師
  流星をみおくり何も願わずに
  迎火は焚くまい赦し乞えぬ故
 
吉岡滋子(札幌市/道)
  仄暗き波立つ今宵鰊群立
  落日へ声を競いて鳥帰る
  我先に陽を一人占めクロッカス
  片方の赤き手袋松の枝
  大寒や気合いを入れる修行僧
 
吉岡簫子(帯広市/柏林)
  麦の秋運動場を分かつ声
  向かひ合ふばつちん留めや水鉄砲
  母日傘嬰乳母車幌かけて
  噴水の上がると跳ねる幼かな
  彼方此方と向日葵惑ふ曇かな
  
吉岡睦子(札幌市/馬酔木・道)
  奉書紙の榊つややか初詣
  春宵の日毎にうるむ一つ星
  双岳の炎天写す湖の蒼
  夕映えに白鳥を撒くオホーツク
  大いなるものへ頭を垂る年の暮
 
吉澤深雪(札幌市)
  春泥や晴れ着の裾をたくしあげ
  山伏の夕立を聴く吉野かな
  特急の轟き去れば虫の秋
  宿敵の草も錦となりにけり
  この庭も縄張のうち狐道
   
吉田圭佑(旭川市)
  自鍵の木目調見え九月尽
  我が声の幼く聞こえ獺祭忌
  葡萄を辿る道程の柔きこと
  水澄むや駄作下作を流しては
  一度くらい来たはずの道牧水己忌
 
吉田洋子(釧路市/氷原帯)
  汚染なき地にふくふくと蕗の薹
  朝採りのアスパラ甘しいたださます
  朝顔の水に沈まぬ種掬ふ
  月白やいま手探りのみち半ば
  こつんと枯葉朝の空気の強張りに