四 季 の 小 路
 
山口えつこ(札幌市/道)
  鰊雲ひと日けだるく演歌聴く
  全身が太古の形浮寝鳥
  啓蟄や一円玉がすぐそこに
  仏壇へお供えのごとお年玉
  悲しみを包み隠すか春ショール
 
山沢壮彦(江別市/氷原帯)
  飴舐めて冬待っている隣の子
  秋の山彩をあつめている男
  初雪や北海道が横を向く
  文化の日木のおしゃべりがとまらない
  雪はげし目だけで歩く前の人
 
山崎肆子(北見市/花鳥)
  もう永久に来ぬと知りつつ待つ賀状
  船今し真つただ中や流氷野
  摩周湖は見えず老鶯鳴くばかり
  待つ人の居てこそわが家秋の暮
  ほつちやれを目がけて鷲の急降下
  
山崎北郎(北見市/道)
  世界地図バタンと閉じて文化の日
  荒ぶ地に昼顔ありて観世音
  敗戦忌女子高生の甲子園
  昼酒で祝おう勤労感謝の日
  メルヘンの森の裸木恐ろしや
 
山下亜紀(札幌市/雪嶺)
  震災のわが家を尋ね少女の春
  親友の死を知る六月足速やに
  老いてなほ使命のありて夏の雨
  雷が落ちて来そうな秋の雨
  小旅行夢みて秋は終りけり
 
山下恭子(札幌市/青女わかくさ)
  駆けてゆく足跡小さし水着の子
  昂ぶりつ話す子の手に兜虫
  あぢさゐや小図書館の小句会
  汗のもの少し重たき旅鞄
  軋みつつ下りる遮断機大西日
 
山城カヨ(天塩町/若葉・青女わかくさ)
  雪まくり杣夫のにぎり飯ほどに
  馬磨く毛櫛金櫛地虫出づ
  麦稈を部厚く糶の仔牛積む
  花蓼や糶待つ仔牛啼き喚き
  赤のまま乳の匂ひの仔牛糶る
 
山田啓一(蔵内市)
  浜に食みわが道如く鹿帰る
  石仏に褪せし賽銭赤トンボ
  母が曳くソリの速さや児の笑顔
  指先に残る一つの寒の痕
  青年の揺れてバス待つ春を待つ
 
山田美智子(釧路市/道)
  知床や艶な雪形見返り狐
  流氷の千代の浦とて旅終ゆる
  コーラスのアルトは卆寿小鳥来る
  未来図の突と鋭角稲妻す
  すめらぎの譲位の報や日雷
 
山田ゆき子(小樽市/ミモザ)
  しやぼん玉指触るる瞬間青き音
  いつからかピアノの上の夏帽子
  薪能ろうろうと闇深まりぬ
  亡き父の好物といふ蝦蛄を喰ふ
  とんぼ追ふ少年の足濡れてをり
 
山田瓔子(札幌市/道)
  夫に炊く新米の粥光りけり
  石垣の上は誰が住むつづれさせ
  刈りあとを吹きゆく風の軽やかさ
  水澄んで河童の話聞かさるる
  登り窯積まれし薪にあきあかね
  
山村公弥子(札幌市)
  並びゐし靴の思案やみどりの日
  日々好日トマト丸齧りが一番
  畳なはる大雪山系夏旺ん
  奔放な志功の版画山に雪
  鱗鰊の大口を開け物申す
 
山本千枝子(江別市)
  刺子さす一針ごとの日永かな
  背表紙のむきを揃えて夏のれん
  老ふたり主語なき会話黄落期
  豊穣の刈田にのこる撒かな
  B鉛筆削れば匂う冬暖炉
   
山本洋子(札幌市/澪)
  並びたつ十二神将冴え返る
  子らの声光となりて野に遊ぶ
  草陰のふいにゆれたる秋はじめ
  なほ北へつづく原野やうろこ雲
  泣き羅漢笑ひ羅漢に小鳥来る
 
山本玲子(北竜町/道)
  お降を賜る肩の温みかな
  さよならの駅さよならと桜咲く
  月見草夜通し照らしくれし人
  芝桜風細やかに旅盛ん
  冬将軍気合諸共豆剣士