四 季 の 小 路
 
安田孝子(小樽市/天為)
  啄木鳥の音にはじまる峡の空
  集落の灯火うすき夜寒かな
  末枯るる道なき道に流刑小屋
  蝦夷地にも紙漉く音の生れけり
  お屋敷は贅の限りや梅匂ふ
 
安田豆作(幕別町/柏林・ホトトギス)
  洗車して馬を冷すも斯くやあらん
  牛と目の合ふ颱風の風の中
  馬小屋のポニー首まで秋出水
  両腕をはだけ吹雪の牛助産
  地吹雪に消されし道を又開けて
 
安田竜生(網走市)
  鞠突きの唄そは日露戦争歌
  陶器割る音して限界村の秋
  阿寒湖やアイヌコタンの木彫熊
  流氷の浜にクリオネ掬ひの子
  調弦の音叉の余韻遠霞
  
柳瀬むねお(帯広市/柏林・道)
  日除して四十九日の読経かな
  第は億光年の秋の星
  雨傘に兄妹添いて墓参り
  弟の四十九日や蝉時雨
  弟の住処となりし天の川
 
矢野宗(札幌市/道)
  子の綯いし藁の残りをどんど焼
  坂の上は一戸も無くて春の月
  父の忌を子に告げる日や夜も緑
  初蝉や午後のかげりの丸太小屋
  新豆腐魚と並ぶ浜の市
 
薮内峡泉(福島町/葦牙)
  らわん蕗刈れば命の水を吐く
  一湾の月も揺らして散る桜
  鉄瓶に湯滾らせて一茶の忌
  泣き疲れ心はからつぼ秋の空
  年惜しむ疲れし出刃を研ざにけり
 
薮田慧舟(むかわ町/氷原帯)
  むかわ竜目覚めて歩むたんぼぼ野
  観客も馬も勝負や炎暑くる
  流星や動体視力たしかめる
  記者会見晴も曇りも有りて冬
  氷紋の玻璃の遊びも束の間に
 
山東爺(富良野市/はいかいふらの)
  霜の声手を振ることもなき別れ
  星影のワルツ身に沁む齢にて
  魂の孤触に触れき雪ほたる
  もう少し詠んでみようか年迫る
  供出の釣釜しのぶ炉の名残
 
山内俳子洞(札幌市/ロマネコンテイ)
  黒板に書く文字固く新教師
  日脚伸ぶ合縁奇縁を正直に
  着ぶくれて一足す一は二で了る
  ばりばりと薄氷を踏む反抗期
  文化の日あちらこちらに嘘多し
 
山内元子(札幌市/雲の木・郭公)
  花吹雪包丁塚へ及ばざり
  鰊東風仰ぎて読める開拓稗
  雲ひとつなきままに暮れ山若葉
  ゆつくりと水の昏れゆく未草
  啄木碑はまなすの実のまるまると
 
山陰進(帯広市/氷原帯)
  山眠る向かいの山が眠るから
  山笑う隣の山が笑うから
  蝌蚪に脚逃げるはさ逃げるはさ
  退屈は男の実学青葉木菟
  広島やシヤツ洗っても洗っても
  
山形定子(登別市/青女わかくさ・若葉)
  煮凝りをくづし独りの遅朝餉
  皿洗ふ音を重ねて女正月
  風生忌うぐひす餅のうすみどり
  ふらここに風のせ誰もゐぬ真昼
  紺碧の空を押しあぐ花こぶし
 
山上耕三(江別市/蒼花)
  悼むとはとめどなく降る春の雪
  蛇口より吹さ出してゐる大暑かな
  秋澄むや晩年といふ只中に
  本枯やこの国深き傷をもつ
  鮮やかに巡る百年漱石忌
   
八巻ふくゑ(札幌滞/道)
  語り継ぐ子の手は遠く花辛夷
  亡き人の夢あざやかや散る銀杏
  白玉や子の約束は指切りで
  包帯のきき腕さらす夫の秋
  じゃんけんできめる余生や天高し
 
山岸正俊(北竜町/道)
  人日や仏花の水を注ぎ足して
  切口に雪嶺の谺原木車
  耳の形良くて難聴万愚節
  日は山に山は青田に沈みけり
  平和への手話をつづける秋桜