四 季 の 小 路
 
村井圭子(札幌市)
  半襟の白眩しめるお元日
  人日や茶筌の先の薄みどり
  水指しに梶の葉のふた瑞々し
  水色の主菓子盛られ夏手前
  ねこじやらし茶席に活けて一礼す
 
村井直子(北見市/道)
  夏ばての身に六畳の奥座敷
  台風も道を譲りし大神輿
  人肌の湯を掛け秋の彼岸かな
  静脈の蛇行くつきり敬老日
  長き夜を細切れにして寝る齢
 
村上海斗(札幌市/itak)
  電線は銀漢の果てまで伸びる
  未送信のメールそのまま秋高し
  左利きの払いの手紙星流る
  ひらがなのはねやわらかに原爆忌
  終電は結露の列車冬銀河
  
村上玲子(札幌市/秋・秋ざくら)
  街騒も届かぬ今宵雪しまく
  濃き淡き色それぞれに若葉かな
  試合果て歓声消えて風涼し
  風涼し廃線の駅音絶えて
  夏座敷デニムの膝を正しうす
 
村山弘子(砂川市/夏至)
  ゆらゆらと呼ばれています糸蜻蛉
  鯉のぼり数だけ幸せあるお家
  いびきにも大小ありて良夜かな
  父母も祖母も天界氷頭膾
  炎暑只母が私を生んでくれ
 
室谷寿美都(札幌市)
  逃げ水やうそを誤魔化す嘘をつく
  秋日濃しステンドグラスのマリア像
  行年の時はゆるりと石舞台
  野球部に土・日・祝なし夏の雲
  春立つや頬撫づる風新しき
 
目加田懋(札幌市)
  過疎といふ我は我なり花芒
  ひと息に秋を引寄せ午後の雨
  盆過ぎていつもの部屋の広さかな
  今日の日を二度生きてみむ昼寝覚
  腹這ひて春と旅する時刻表
 
茂田慶花(旭川市/樹氷・玄濤)
  体内の水ほとばしる北辛夷
  二重虹コロポックルが恋を識る
  ドクターヘリ台風の目をかいくぐり
  こぼれ萩踏まねば母郷へ近づけぬ
  丹頂に羽交締めされ雪ほたる
 
本ゆみ(札幌市/草木舎)
  こんな日は寝ころんで見る夕焼空
  終章はまだとっておく星月夜
  竹人形長く冷たく竹の髪
  来てみれば雪景色なり紐育
  伸びをして一日終るシクラメン
 
桃木光子(札幌市/ホトトギス)
  来し方をさらりと語る生身魂
  切り株に座して息継ぐ森林浴
  誰もいない海や秋思の湧き止まず
  今蝦夷はよさこいソーラン夏祭
  空知野に望まれ住んでトマト椀ぐ
 
森葆子(札幌市)
  青空を自在に蹴つてあめんぼう
  かき氷遠き日の恋掬ひつつ
  肩書はただ妻とのみ敬老日
  放心の農夫佇む秋出水
  笹の実の揺らぎの中の蔦もみじ
  
森田佳代子(札幌市/百鳥)
  雪解野や風切羽のよく見えて
  ころころと水の流るる土の春
  縄文の水場に吹きし草の笛
  紫の雨意ふふみゐる鳥兜
  海鳴りをひつぱつて来る厩出し
 
森田芳雨(遠軽町/葦牙)
  雪ばんば不意を突かれて後れとる
  大雪に一歩を譲る今朝の冬
  駆け出しの日曜大工日短し
  錠剤の残りちぐはぐ二月尽
  ゲレンデの上級コース雪残る
   
八木澤賞(札幌市)
  春待つや腕立て伏せを二三回
  バス揺れてよろめく五十六の夏
  噴水の風に流され立ち直る
  鉛筆の午睡を誘ふ匂ひかな
  年忘れ現世一過の一場面
 
安田潤子(当別町/若葉)
  初夢に母と唄へる童歌
  浜大根咲くや潮風はらみつつ
  メロン切るプールサイドのテーブルに
  行けど行けビ黄金色なる稲穂かた
  シクラメン一人が好きと子の科白