四 季 の 小 路
 
三品吏紀(帯広市/itak・雪華)
  沢庵や我が血の母系疼きをる
  灰皿に積む待春の暇かな
  リラ冷えや親になれないまま枯るる
  人ひとり灰になる朝日輪草
  旅鞄皆それぞれの高き天
 
溝田和子(釧路市/ホトトギス・玉藻)
  枕辺に俳誌歳時記去年今年
  シニアにもバレンタインの日のあれりし
  利休忌や袱紗捌きも忘れけり
  なす事もなくて終日春探し
  空間も贅沢と言ひ夏座敷
 
南幸子(札幌市/樅)
  手のひらに香り残してさくら餅
  法蝶の音のこだまとなりて山開き
  帰省子の背中男となりにけり
  オホーツク土用蜆の大きけり
  夏祭り揺られし稚児の欠伸かな
  
源鬼彦(札幌市/道)
  石壁に戦の矢弾落椿
  春駒の四肢は鋼ぞ遠嶺蹴る
  鎮魂の詩は地底より花万朶
  流離とは時に浮寝の水母かな
  反骨をその眼光に羽抜鶏
 
美馬悦子(札幌市/澪・にれ)
  キャンパスは「都ぞ弥生」風響樹
  団欒の隅に錆びつき浮人形
  入日なほ海に尾を引く晩夏かな
  ひもすがら風の私語きく萩の花
  落葉松の金ン終章に枯木山
 
宮ケ丁孝子(札幌市/丹)
  ほうたるや雨の匂ひの躪り口
  粃噛む箕に綿虫の来てゐたり
  冬の濤ひとつ芥を曳き合へり
  差し潮にさゆる月影蘆枯るる
  自捷毛伏して乳やる牧の春
 
宮腰淳司(札幌市)
  海沿ひにつらなる遺跡春隣
  笑ふ面ひでて縄文豊かなり
  走り去るランナー一人冬木立
  コンビニでおでんを買って帰れりけり
  二千羽せまる丹頂北の地に
 
宮腰鹿山(羅臼町/葦牙)
  盆参りしぐさ白髪も母似とか
  盆灯籠どこかで誰か呼んだような
  実浜茄子沖を恋うるか朽ちし船
  秋風を噛み返しおり牧の牛
  島田鍬枯れ野に挑む力瘤
 
宮下芙紗子(札幌市/雪嶺)
  旧友と木道伝う珊瑚草
  懐かしき南瓜団子や出店寄る
  十代の友も八十路へ萩の宴
  まなかいに母の面影吾亦紅
  特養を担う友いて紫蘇は実に
 
宮村純子(札幌市/蒼花・樅)
  侘助や一服の茶の仲間入
  人生の主役わき役初みくじ
  ねんねこや婆の背にきく子守唄
  吾もまた天与の命梅開く
  床の間のダルマと対話冬に入る
 
宮本はるお(士別市/樹氷)
  返事待つ間合いのさりげなき団扇
  ラムネ玉ボンと記憶の蓋が開く
  穂すゝきの今を生さ抜く風まかせ
  木守柿しみじみ戦なき故国
  舞い降りてさゝやき合っている落葉
  
宮本二三夫(札幌市/雲の木)
  あらたまの息深く吸ふ二の鳥居
  大北風の沖へ出てゆく巡視船
  裸木の水あぐる音夜の静寂
  雪割つて土の匂ひに浸りけり
  降りつぎて庭を真白に暮の春
 
宮森仁栄(音更町/道)
  叱られる声の混じりし虫の闇
  豆しぼりきりりと締めて盆踊り
  人生に寄り道多く夏探し
  梅雨の月少し濡れたる旅枕
  草原の風のささやき青芒
   
宮脇木脩(江別市/氷原帯)
  蜻蛉の大きな影をもっている
  アイヌ語も浴衣も巧み読みと着る
  しり取りに母も躓く火取虫
  青年の髪はぼうぼう残暑かな
  九月はや施設の暗さに灯のともる
 
村一草(比布町)
  山映す代田に蹉跌なかりけり
  人間といふあやふやな春夕焼
  まらうどを待つ紫陽花の鞠数へ
  八月や人を殺めし飛翔体
  一月の夜半バラードを歌つてよ