四 季 の 小 路
 
伊藤えみ子(札幌市/道)
  トロットのまだ身に付かず跳ね子馬
  風船の飛び出す小児棟の窓
  余白なき作業日誌や父の日来
  鳴り続く隣の電話夜の秋
  里日和ははの野良着を着る案山子
   
伊藤句麿(美深町)
  皐月晴返せばならぬ女傘
  水着付け忽ち魚の速さかな
  帯解けば足に纏わる秋思かな
  秋の声一段高く名馬糶る
  初紅葉笑い上戸の乙女たち
 
伊藤織女(札幌市/知音)
  織糸を掌に遊ばせて夜の長き
  古びたる機の軋みや身にぞ入む
  神木をずんと抱きし深雪かな
  過疎の地に昔語りの錬群来
  駅前のむかし盛り場大西日
 
伊藤淳雨(岩沢市/雲の木)
  託す絵に汗山筋や無言館
  壮年の曙杉や雲の蜂
  青嵐神の居場所を揺らしたり
  逆縁の蓮の浮葉に雨降れり
  結界を詫びて飛び超すあきつかな
 
伊藤スミ(札幌市/花桐)
  猫柳遠く遥かにピンネシリ
  夏至の日のシーソー高く跳ね上る
  ふるさとは無人駅なり蝉しぐれ
  博物館静まり返り冬に入る
  電飾の街を過ぎれば雪明り
 
伊藤玉枝(小樽市/ホトトギス・葦牙)
  花野ゆく闘志しつかに胸に抱き
  花野行くひたすら飛べる翼欲る
  大花野いつも何処かが吹かれをり
  花野抜け大河の風に煽らるる
  綺羅星の降つて来さうな夜の花野
 
伊藤千代江(札幌市/蒼花)
  おもかげのいまも鮮やか月今宵
  山の日の山に愁ひのあるが悲しき
  山恋うて海恋うて来る盆の風
  沙羅の花散つて心に悔い少し
  王道のありて行きけむ薔薇真赤
 
伊藤津良(江別市/氷原帯)
  一生は仮住いで良し山笑う
  エプリールフール心変りと云ってみる
  夏の空一人占めする留守居かな
  秋めいて男わびしく赤提灯
  菊人形月光仮面が悪を断つ
 
伊藤哲(札幌市)
  花冷や鉄の扉の美術館
  小説の如リラ冷えの街となる
  新しきビル六月の空削る
  こころまでそまりそうなるみどりかな
  南風やジャズの行進引き連れて
 
伊藤はくみ(札幌市/ホトトギス・玉藻)
  空港の離陸準備や花の旅
  野遊びや供に遊びし犬逝きて
  はだしの子抱き上ぐ母のかひなかな
  底紅の地の気をもらひ空に咲く
  昨夜の宴余韻となりて風光る
 
伊藤春子(中標津町/りんどう)
  春大地ソーラ発電累増す
  入試終え子等のかがやき風を切る
  競ふかに紅葉の高嶺燃やしけり
  デントコン刈田に鶴の数多し
  冬隣り残りし仕事かぞえみる
 
伊東美弥子(札幌市/雪嶺)
  五丁目の空借り切って山法師
  ふる里の思い出も入れきのこ鍋
  一斉に雛のお菓子の街となり
  鬼ごっこ鬼も見とれるいわし雲
  人去りて音も無き村芙蓉咲く
 
糸賀治子(札幌市/ホトトギス・夏至)
  天ぷらによささうと声蕗のたう
  生涯を川と生きたし鱒を焼く
  しんかんと牧のからまつ馬冷やす
  海鳴りのしづもるタベ馬冷やす
  野の百合を手にしてをりぬ牧がえり
 
井戸川芝津夫(北見市)
  菊花展人のあゆみに入りけり
  炎立つ砦の景も菊人形
  ちりちりと愛車にシャワー枯葉かな
  佗びしさは釣瓶落しの秋の暮
  鳥渡るわたつみの空きらめかし
 
井戸川廣子(北見市/ホトトギス)
  八十路まだ老の青春日記買ふ
  囀りに呼びとめられし園静か
  馥郁と白の極みの辛夷咲く
  雨煙る庭の躑躅の散り敷きぬ
  めでられて座持ちの良さを花の宿