四 季 の 小 路
 
松原節女(旭川市/青女わかくさ)
  カタクリを幾山咲かせ山の主
  ふる里の牛の匂ひもあたたかし
  胸張って並ぶ鳩の子あたたかし
  我を折りて今日のひと日もうららかに
  熊除けの鈴をぶら下げわらび狩り
 
松原美幸(札幌市/ホトトギス)
  春の波別れるやうに逢ふやうに
  草萌える恋の誘ひと思ひたる
  母と娘の老いにはふれず更衣
  むらさきのただ紫のラベンダー
  茸飯ざつくばらんと言はせてよ
 
松原利尻(名寄市)
  彼の里の風流れ来て銀河濃し
  冬ざれや卆寿を生きる灯を拾う
  吊橋の下は渦なる花疲れ
  秋の夜や裾野は既に暮色濃し
  亀鳴くや途一徹に帰命せず
  
松村美乃(札幌市/ミモザ)
  添へ文の不意のひと言春疾風
  囀にレコードの針乱れをり
  更衣箪笥も窓も開け放つ
  人誰も幸せに見へ良夜かな
  報恩講お布施返しのお赤飯
 
松本きよし(岩内町/葦牙)
  松飾る船首いづれも沖へ向き
  羅をまとひ老愁遠くにす
  種おろし祝ひに父の嗄れ唄
  帰港して吾子抱く髭の烏賊漁師
  祭提灯点してつなぐ両隣
 
松谷誠人(礼睦市/道)
  川原の石の沈思や水の秋
  白雲の旅のやすけさ湿紫絵図
  母の日や荷に凭れ寝る行商婦
  更衣羽化の心地の傘寿かな
  退職や一僕の手に冬帽子
 
眞鍋親子(札幌市/花鳥・柏林)
  雪晴や聖火トーチの走る街
  氷上に四肢たをやかに舞ふ少女
  書き込みの多さ五月の農暦
  神殿の涼しき静寂献茶式
  藍染めの有松絞り夏暖簾
 
真星元(札幌市/ミモザ)
  アラートのいぶせき威かく捨案山子
  終戦日駅に上りと下り線
  敗戦日赤紙みほん配る姥
  敗戦忌さがす平和の鍵と穴
  平和祈念日八月十五日
 
丸山昭子(札幌市/道)
  山開き馬はひたすら草を喰む
  踝に寵る山気や沢桔梗
  残照の中の御堂や木守柿
  構えれば甘える仕草冬の蝿
  荒星や石狩河口鮭番屋
 
三浦香都子(旭川市/対岸)
  渡りし力蝦夷山桜咲く
  フランスパン抱へて歩くリラの街
  新涼や母には心地よき正座
  チセ燻しぬきし歳月鰯雲
  色のなき風ばかり吹くコタンかな
 
三浦敏子(小樽市/雲の木・郭公)
  春愁やけだるき午後のロダンの掌
  ひとときは九人の棲家鳥雲に
  ここよりは多喜二の墓域鳥雲に
  風は秋船見坂より少女来る
  揺り椅子にソナタは終章十三夜
  
三浦ゆかり(札幌市/道)
  石蔵の階段登る昼の月
  これよりは二手に別れ蛇穴へ
  晴天の畦に正座の青蛙
  終業の喇叭や虫の駐屯地
  三月来一樹の中に水の音
 
三国眞澄(旭川市/雪華・秋)
  雑嚢にショパンの楽譜雛の客
  ミス多き日よ白鳥と眠りたし
  鮭番屋釣瓶落しの油凪
  王冠を叩く癖あり原爆忌
  よき旅は形見のごとく三冬月
   
三國矢恵子(新ひだか町/寒雷・道)
  まばたきの間もすぐに過去冬銀河
  白菜の四半分買ひ少し老ゆ
  若葉雨眠りぐすりの効き始む
  断捨離は先づ二階から秋暑し
  掛け違ふ釦を正し残暑かな
 
三崎千恵子(札幌市/葦牙)
  大落暉冬木は綺羅をまとひけり
  冬木立一本づつにある未来
  初みくじ最上段に結びけり
  春めくや一樹一樹に日のしぶき
  信号の点滅八十八夜寒