四 季 の 小 路
 
本間美香(旭川市/雪華・草樹)
  海の陽の初東雲にぬっと立つ
  見ゆるもの見えざるものへ鬼やらひ
  雁帰る奸策のなき大空を
  九条もわがひかがみも炎天下
  落葉きて枯山水の動きけり
 
前川招福(日高町)
  海明けや胴付き合羽の腕まくり
  手花火や落ちなむとして玉の先
  驚天のジエイアラートや野分だつ
  うちつけに鹿の突入ボンネット
  気立て良き女将と添水けふの宿
 
前田恵(旭川市/海程)
  春を寝て私ゆつくり溶けて行く
  啓蟄や象形文字の髭動く
  恐竜の化石カヌーの腹くすぐる
  ペンペン草質屋の親父よく喋る
  毛皮着て夜をさざめく深海魚
  
前田よしみ(愛別町/ホトトギス)
  昨夜の雨止みてかがやく冬木の芽
  母の日の母を看とれず逝かれけり
  木目込の手作り雛吾子偲ぶ
  早苗田の水面に苗の背伸びかな
  初雪の窓辺に珍しくひよどり来
 
前原絢子(札幌市/河)
  行く春や酢飯の樋に濡れ布巾
  逃げ水を追ひつつ齢かさねをり
  オペラ座のビットに秋を逝かしめり
  またの世も詩を迫ふ秋の螢かな
  ふぐ刺や透けし伊万里の花と鳥
 
籬朱子(札幌市/銀化)
  白鯨と闘ふごとし排雪車
  絶海の孤島となりぬ雪捨場
  話と読む中国の音のどかなり
  迷宮の入口を知る夜の蟻
  前髪に焚火の匂ひ付けて寝る
 
正富るり(札幌市)
  車座の酒宴たけなわ花吹雪
  絶叫のジェットコースター山笑ふ
  鈴なりのななかまどの実空染めぬ
  一陣の風に流れし銀杏落葉
  囁きの如き葉擦や秋の闇
 
増田植歌(札幌市/ホトトギス・雪華)
  北大の楡の大樹や虚子祀る
  鵜舟ゆく記紀万葉を遡り
  バリバリと鋏は蝦夷の蝦蛄を裁つ
  瓢の笛ひよつとこ顔で吹きにけり
  ふるさとは北へ千粁冬薔薇
 
増田奉子(黒松内町/アカシヤ)
  力餅一歩踏みだす嬰の春
  立春の厨の音のリズミカル
  トンネルを抜け集落の春の色
  さくら散る沿道添ひの川の面
  夏帽子いやがる嬰にしやにむにと
 
松王かをり(札幌市/銀化・雪華)
  蛍烏賊その目力をいただきぬ
  鳥ごゑの人ごゑに似る暮春かな
  人といふ骨格を解き大昼寝
  指の股つめたく流れ梨の水
  雪片の滞空時間茶葉ひらく
 
松岡正子(札幌市/澪・モミザ)
  窓辺にて集合写真春立ちぬ
  春の昼バスゆつくりと左折して
  カーネーション活けて形見となる花瓶
  雪降る夜人は寡黙にすれ違ふ
  習ひ事ひとつ始めて日脚伸ぶ
  
松田静枝(札幌市/郭公)
  産声のはや泣きごゑの睦月かな
  雪積んで一位は孤高保ちをり
  若葉風水の匂ひの榛名富士
  恐龍のレプリカを占め大西日
  鴉去り一木にある暑さかな
 
松田順子(札幌市/道)
  雪虫に囲まれ逃げ場なき余生
  ゆっくりと我が身揺らして桐一葉
  秋意かな落ちぬ鏡のしみ一つ
  枯葉追い枯葉が逃げる恋模様
  鈴鳴らし天に張りつくななかまど
   
松田ナツ(札幌市/泉)
  屠蘇散の舌に残れるひと日かな
  一点を見つめし雛を納めけり
  ひと枝の番鴉や暮遅し
  受刑者の拓きしこの地祭笛
  故郷よ蝦夷仙入と秋時雨
 
松永恵子(室蘭市/青女わかくさ・若葉)
  良きことを遺影に話し星月夜
  姥百合の枯れて威をはる峡の奥
  聖堂のステンドグラス冬日射し
  雛かざり少し遠くへ菓子買ひに
  ペンペン草遊郭跡へつづく坂