四 季 の 小 路
 
福田元子(札幌市/蒼花)
  尼寺の勾配ゆるし花の道
  睡蓮の芯より生るる仏たち
  木々芽吹く歯刷子一本立つてをれ
  鼻糞を穿るゴリラや鳥帰る
  鐘の音空の渚で凍てにけり
 
藤井静子(札晩市/雪解)
  逆光に透けて細波立つ芒
  鳴声の森ふくらます鳥の恋
  天近き梢より楡の芽吹き急
  がやがやと百花のきそふ蝦夷の初夏
  雑草にうもれ勿忘草咲く
 
藤井美智子(岩見沢市)
  たらの芽は食べだしされど棘痛し
  スキップし足どり軽き新入生
  新しき一歩踏み出す卒業式
  新緑の力もらひて万歩計
  帰省子が蓋開けてみる古ピアノ
  
藤嶋正(札幌市/雪嶺)
  石ころを蹴る子のありて日脚のぶ
  啓蟄や奥歯の少し疼き出す
  ふらここや一番乗りの子の笑顔
  手花火や齢重ねてまた楽し
  清茄子や茅茸屋根の生家無く
 
藤瀬正美(北見市/ホトトギス・玉藻)
  病葉の舞ふや鳥居を潜る時
  虫の鳴く一途てふ外なかりけり
  泊り客帰り俄かに秋めきぬ
  里山の膨らむばかり稲は穂に
  稲は穂となり水門の閉じてあり
 
藤田健(知内町/葦牙・道)
  縞梟呼吸一つに二羽の仲
  海明けや息を止めてる双眼鏡
  のどけしや妻のハミング針仕事
  登校の自転車のベル夏きざす
  草笛を遥かにおきて友の墓
 
藤田豊子(札幌市〕
  馳けてくる傘寿他人事聖五月
  無為と言ふひと日はあらず豆の花
  月下美人一夜限りの贅に酔ふ
  何時よりを余生と言はむ秋桜
  短日や奥の手と言ふ懐手
 
藤田紀子(札幌市/澪)
  抽出しに母のロザリオ鳥雲に
  手鏡の中を夏蝶抜けてゆく
  喧騒を抜ける鐘の音半夏生
  日盛りや人の影なき歩道橋
  鮪雲何にもない日の独り言
 
藤田美和子(札幌市/河)
  見えぬもの空にあふれて春のこゑ
  ヘッドホン全開にして木の根開く
  つちふるやオウム返しの闘争歌
  からつぼの生家にあをき驟雨くる
  イヴの手は汚れず蛇の衣を脱ぐ
 
藤田保子(札幌市/雪嶺)、
  春愁や丹頂鳴きてみ空へと
  つくし野に駆け出してゆく赤い靴
  朧夜や窓辺に寄せる椅子二つ
  故郷に続く単線月おぼろ
  酒蔵の匂ふ杉玉秋探し
 
藤田洋子(小樽市/鶴)
  初旬会抱字てふを辞書に訊く
  排雪や海に転げしダンプカー
  とんちんかん蛙に片目借りられて
  マザースデー大福餅の白と草
  涼あらた小樽の明治探しけり
 
藤野信一(伊達市)
  通い畑家のまわりは草の秋
  秋の虫我家の虫も声合せ
  秋蒔の種を揃えて天気待ち
  トンネルを抜けると広く稲穂垂れ
  無人駅列車を待ちて秋の虫
 
ふじもりよしと(札幌市/雪華・晏)
  少年と象静かにぬける雪の国
  凍星や鼻にピアスの潜りあと
  一瞬の乳房に迷う冬の駅
  渡り漁夫番屋で包む文の束
  廃線や鷹に汽笛を繰り返す
  
藤谷和子〔札幌市/草木舎)
  流氷のほかは映らぬ鏡かな
  海明けの沖より高きbarの椅子
  夏至タベ縄文人は沖より来
  眉うすく描き八月と対面す
  目が入つてからの混沌雪だるま
 
藤原文珍(札幌市/鷹・itak)
  なまぬるき水飲む二百十日かな
  乾鮭や土間片隅の鼠捕
  サロマ湖とつながる海や鍋破
  語尾強き浜の言葉や雪しまく
  山のもの路に商ふ春の暮