四 季 の 小 路
 
平京子(天塩町/若葉・青女わかくさ)
  大夕焼棚田三千切絵めく
  岳の雪薄紙剥ぎに春兆す
  海明けやスワンのやうな船下ろす
  山立の獲物はみ出す橇を引く
  寝起きの熊ゐさうな峠木の根明く
 
平尾知子(札幌市/草木舎)
  歩く度骨の音する寒の入
  蛇穴に入る相席でいいですか
  浮雲の雲割って咲く未草
  夏座敷いつものところに硯箱
  包丁に鱗張り付く酷暑かな
 
平川靖子(札幌市/道)
  摩天楼より見えたる山の笑ひけり
  陽炎の上ゆく離陸エアポート
  ほたる火や須磨に女人の後ろ影
  若沖の鶏冠まろし木の芽時
  寺垣の古りて一位の実の甘し
  
平田妙子(江別市/アカシヤ)
  汀女の忌鉛筆の芯整へて
  ごろごろと木の実に歩巾定まらぬ
  塗りたての屋根より落つる雪踊り
  マニキュアの指に蜻蛉迷ひをり
  秋雨に追はれて児等の声走り
 
平間純一(旭川市/白魚火)
  草萌えて鉄路さびしく錆びにけり
  満開の一本桜農を継ぐ
  夏至の日のライ麦パンとワインかな
  萍の風をほしがる五稜郭
  清々と古稀に乾杯青なんばん
 
平松富二代(増毛町/壷)
  とまり木に魚臭連れ来る雪解風
  木造の廃校舎ある雪解村
  えんごさく果樹発祥の碑のもとに
  湧水を引く山小屋の夏炉かな
  昨夜の雨いまだ乾かず草紅葉
   
廣川敏子(札幌市)
  この街のガレージの錆び目立つ夏
  先生の名前言えるよ一年生
  父逝くや枯山水は落葉溜め
  文庫本三冊道連れ夏の旅
  吊橋の下は薄暑のけもの道
 
広瀬むつき(函館市/白魚火)
  沢一つ越へて初音の聞こえ来る
  八重のまま散り重なりて八重桜
  たんぼぼを今日は図鑑の学習に
  草を引く楽しさ時も憂き時も
  ゴンドラを降りて深山の霧じめり
 
廣中ふみ江(札幌市/雪嶺)
  自転車の疾走ゆるす良夜かな
  明け易し梵鐘長く響きけり
  リラ冷えやゆるりゆるりと太極拳
  ほほえみし夫の写真や初明り
  今朝の冬エレベーターの残り香よ
 
深澤雅子(札幌市)
  ゲレンデは今百合の園春香山
  夏料理名酒少々江戸切子
  夜の乱舞了へたる朝の火取虫
  山々に時おりこだま遠花火
  晩夏かな子らは折紙残しゆき
 
深畑千恵子(札幌市/ホトトギス)
  雨の日は雨の匂ひのライラック
  楽焼の一子相伝利休の忌
  湿原の風吹き変はり遠郭公
  海からも川からも風青すすき
  集落の奥に奥あり秋出水
 
深谷雄大(札幌市/雪華)
  憂き世とて条里の筋目彼岸花
  酸漿の地に生り重るアイヌ墓地
  風纏ふ絽の薄衣の独り言
  風濤と飛び来る火の粉大花野
  風騒ののちの解脱や凄まじき
 
福井たんぽぽ(千歳市/雷華itak)
  ラガー等が笑う赤青マウスピース
  雪解をマンホールから始めます
  背に沿わす果物ナイフ夏蜜柑
  竜胆や替えの下着は青ぼかり
  さきいかの売上げほどの冬が来る
  
福井展香(札幌市)
  はらり落つリラの押花電話帳
  夏の夕緊張のせて手術台
  スカーフをくるりひと巻さ客去りぬ
  釜飯の具材のこげや冬茜
  三月に杖デビューなる八十路かな
 
福士顕子(旭川市/ゆく春)
  津軽より届く白波風五月
  逝く夏や薄き体の置きどころ
  五感てふ宝持ちゐて夜の秋
  釣瓶落し湾の形に灯りけり
  太陽の衰へゆくや雪催ひ