四 季 の 小 路
 
野原浪子(旭川市)
  進学子紺のスーツの振り向かず
  夏雲や花の競演喋の舞ひ
  父母忍ぶ空に花火の香の残り
  万の実に万の夢あむ若葉風
  高らかに球児は校歌夏の空
 
野辺ひろこ(小樽市/鶴)
  久びさに大皿出すや大晦日
  湯のたぎる音建国の日なりけり
  啓蟄や普段使ひにおろす茶器
  建網の仕掛けてありぬ東風の沖
  リラ冷えといふは確かやリラ咲けば
 
野呂歩世亜(札幌市)
  穢れ無き空の青さや赤とんぼ
  日高路の馬の嘶き赤とんぼ
  風の野に光集めてゐる蜻蛉
  赤とんぼ夕日の色の増す一瞬
  赤とんぼ幼なき頃の寂ほのか
  
橋本和男(小樽市/天為・アカシヤ)
  最澄の山の風くる鱧祭
  宵山も宵々山も鉾町に
  真夜涼し日和神楽のお旅立ち
  ひつそりと人のにぎはふ釣忍
  千年の祀園御霊会星涼し
 
橋本末子(小樽市/鶴)
  冴返るショーウインドーの吾が影も
  店先は銀をきはめり初鰊
  吾は釜山夫は奉天春北斗
  あの頃はひたすら聖書花さうび
  花栗やすこしは得たる老いの知恵
 
槗本忠(釧路市)
  奥山の残鶯いづここだまする
  雨上る木立賑はふ蝉時雨
  湿原のシャッターチャンス大夕焼
  阿寒富士初秋を装ふ今朝の景
  風来の小猫の宿は何処かな
   
橋本喜夫(旭川市/雪華・銀化)
  紙魚としてなほ万巻の書をあゆむ
  神渡し脳に水のゆきわたる
  白兎抱くだけ抱いて死なせたる
  省略をこれだけ利かせまだ白鳥
  人生をこじらせるほど陽炎へる
 
長谷初江(旭川市/道)
  早春のよろこび奏で軒雫
  縫ふことも編むことも好き燦炉燃ゆ
  水音にきらきら光る雪解川
  万緑に頬に野の風水の音
  鳶の笛こぼれ秋天深くなる
 
長谷川末子(旭川市/舷燈)
  如月のとさめさついと花舗に入る
  仏みな和顔に在す花供養
  新緑に手を振りつづけ旅立ちぬ
  万愚節以後単純に生きるとす
  デッサンに消し残る線花キャベツ
 
畠典子(札幌市/葦牙)
  喪中はがき一枚づつにある寒さ
  境内の石みな佛おぼろかな
  一羽翔ちややして一羽巣立鳥
  雨上がる青水無月の光堂
  長き夜の天地を返す砂時計
 
花木研二(北見市/葦牙・白魚火)
  傾いてゐるはいそしむ昆布舟
  蔓引けば一山の露零れけり
  蕎麦掻きの好きな屯田兵の妻
  昨夜の夢毀さぬやうに布団干す
  陽炎に掴り立ちの一歳児
 
花田敏正(岩内町)
  北風や果敢に挑む登校児
  予報士の声も明るし花だより
  つかの間の晴れまに競う運動会
  知床は原始のままに鮭のぼる
  晩秋やひと雨ごとに山変る
 
巾下正子(ニセコ町)
  陽を集め一輪咲きし福寿草
  囀りを浴びて蝦夷富士目覚めけり
  意に添わぬ事も引き受け山笑ふ
  薪割りの音響きをり冬日和
  語り合ふ鰊御殿や旅涼し
  
濱崎敏子(むかわ町/葦牙)
  早苗田の水面を滑べる朝日影
  クレソンを刈り清流をしたたらす
  より高くいのち称へり揚雲雀
  夫の忌や砂吐ききらぬ寒蜆
  海へ出て孤高きはめり実の月
 
浜田羅牛(羅臼町/いさり火)
  国後を継ぐ光帯初日の出
  家揺する羅臼颪や雪の夜半
  湯たんぼや糟糠の妻と五十年
  武四郎が仮寝の窟や苔の花
  防人の津軽藩士や蝦夷ねぶた