四 季 の 小 路
 
西村山憧(札幌市/氷原帯)
  戦争を知らぬ子で良し風車
  リラ冷えや迷ってみたい通がある
  やわらかな監禁ひまわり畑真中
  白桃と傷つけ合っている少女
  曲線は母の温もり寒卵
 
西元有子(旭川市/ホトトギス)
  日差し来て雪間さわがし雀群
  野の遠く菜花の黄らし一直線
  雨あがり子鳥幾度も枝わたる
  車寄せ花圃パンジーはみ出して
  秋の日のひだまりまろぶ小犬かな
 
二丹田めぐみ(札幌市/ミモザ)
  床上げし母の歩みや日脚伸ぶ
  曲がること恥ぢること無き胡瓜かな
  子等の声ゼロ番線の夏休み
  四畳半縁に蹟く大西日
  八月の遠く消へゆく浜辺かな
  
仁平信子(釧路市/湿原・ホトトギス)
  この街も梅雨曇りあり海暗く
  入船も見えぬ今朝また夏の霧
  一日おきの晴と曇りや揚げ雲雀
  名前届け握り直すや登山杖
  雲の峰高きマンション呑まれそう
 
丹羽雅春(札幌市/葦牙・ホトトギス)
  東京へ吾の背一押し雪解風
  夏帽子人力車より迫り出せり
  田水沸く地を故郷といま思ふ
  二百十日地球溺れてゐたりけり
  一周忌終へ肩の荷は蜻蛉のみ
 
庭田一美(札幌市/道)
  受験子を点となるまで見送れり
  同郷の風の匂ひや初鰊
  花は実に亡き子へ届くEメール
  雪渓を抱く黒岳父情ふと
  風死すやふいに鳴り出す寺の鐘
   
沼尻世江子(函館市/艀)
  涅槃図やかたまりながら声漏れて
  生命線消える辺りに春の土
  啓蟄や間歓泉の湯がはじけ
  濯ぎ物たたいてゐたり爽竹桃
  寒月や鍋の緑からすべらせて
 
沼田勝江(釧路市/ホトトギス)
  霧の街シンボルめきし虚子の句碑
  寄港終へ船笛残し海霧を航く
  朝ごとに海霧立ち込むる釧路かな
  しきり鳴る霧笛に似た船の笛
  雨音に変はる濃霧のあしたかな
 
根本絢子(札幌市/若菜)
  嬉しさを声に出しさうクロッカス
  記念日に交す言の葉山笑ふ
  朝霧や見知らぬ街に来しやうな
  秋天の明るさのまま師逝きぬ
  永別や師の胸もとに蘭飾り
 
根本栄子(小清水町/道)
  一湾の波の焼舌冬鷗
  百頭の牛の咀嚼や後の月
  ひとり居の庭にこぼるる五十雀
  山こだま此処が終の地草むしる
  クナシリは未だ還らず鳥帰る
 
野崎声山(札幌市/葦牙・天為)
  大門といふも名のみや銀杏散る
  新走り信濃国の澄む日かな
  秋篠へ詣づ色なき風の中
  実むらさき業平竹に添うてをり
  ひとしめりありたる朝の螢草
 
野崎知秋(札幌市)
  終戦日無辜の魂折り鶴に
  終戦日忘れられない古時計
  バッタ来るどこへ翔ち村の中
  更衣一張羅で旅支度
  S Lの地を這う煙枯野原
 
野勢英一(幕別町/樺の芽)
  探鳥会海鳴りひびく余寒空
  戸を叩く風の連れ来し雪女
  春風や両手をあげて滑り台
  郭公や触れて冷たき樺の肌
  一本の支柱も見えず虹の橋
  
能登恭子(札幌市/かでる)
  船の旅これはこれはの栗御飯
  ダ・カーポの歌や秋の野はさびし
  秋祭おみこしさんは三輪車
  十才の記憶が戻る終戦日
  子規忌にて三十五で死す子規想う
 
野々村紫(札幌市/百鳥)
  剪定の一枝晴れたり日本海
  二月尽葡萄の蔓を薪に積み
  浜ゑんどう鐻いくすぢぞ鰊釜
  楡の洞透けて夏ゆく植物園
  風白し小楢林の高きより