四 季 の 小 路
 
成田和恵(様似町/うのとり)
  地を覚ます一昔発し氷柱落つ
  透き日の母の鼻歌雛飾る
  契りあふ来せもありや盆供養
  命日の袷を正せる菊日和
  蒼穹の彼方をさぐる枯木立
 
成田青秋(函館市/天為)
  天めざすどんとの炎御礼攀づ
  龍をなす香煙ほぐれ春の雪
  ねんごろに声かけ浸す種袋湫
  湯豆腐や地球に滾る芯秘る
  合掌の仏の手中冬銀河
 
成田智世子(積丹町)
  ひと筋の暮色を坂の雪解水
  カムイ名の岬のはろかを蜃気楼
  のうぜんの花のさかりはなまぐさし
  敬老の日やあかざ杖ならば慾し
  浜訛やさし根雪の村となり
  
成瀬明(釧路市/葦牙)
  玄関の靴行儀よく日脚伸ぶ
  パンの耳今日も焦がして山笑ふ
  童心になれぬ我ゐて遠花火
  晩菊にこぼるる艶といふ光
  晩秋やなにをまたたく窓明り
 
仁井峯花(帯広市/ホトトギス・相林)
  水羊箋ひと口にして夫の笑み
  墓洗ふ待ち人来たり小ささ椅子
  美女桜墓に供へて娘等の数珠
  冷し麦茶沖縄ガラスの光かな
  もみじ手の玉萄黍に食らひつく
 
新倉百恵(小樽市/アカシヤ・天為)
  百円の古本並ぶ麦の秋
  ひたむきに生さる島人日の盛
  渡船跡へ続く路あり蜘蛛の糸
  秋天に天平鴟尾の赫灼と
  秋暑し昭和パン屋の夕じまひ
   
西千里(札幌市/天為)
  御用始四角四面の御挨拶
  十勝野の村によすがの農機市
  磯の香の幽かの祠余花の雨
  花サビタ阿寒二夕山湖たたへ
  新涼や河童大王瓢酒
 
西井健治(札幌市)
  足下の土塊光る熊楠忌
  重陽や延命長寿に那智の水
  白き骨空知らぬ雨更紗木瓜
  あの夏の桃色の頬砂時計
  またあした交はす言葉や風薫る
 
西川良子(旭川市/雪華)
  天国も地獄もこの世朧濃し
  種物の嫩芽ネットの袋裂く
  ぼうたんや仏も眺む窓のあり
  古井戸や近寄り経き緋のカンナ
  放りても運否さぐれぬ雪礫
 
西澤カズ子(奈井江町/ホトトギス・夏至)
  朝の虹けふも元気にお弁当
  おとぼけの聴覚いいね祖父端居
  風は秋ラジオ体操第二へと
  あけがたの虫の声です窓開けて
  大根蒔く土さらさらの畑借りて
 
西田美木子(江別市/白魚火)
  鳥居まで干潮を歩く秋うらら
  初雪に隠るる色葉散る色葉
  月氷る裏側透けて見えさうな
  銘振るふ乙女雪像作りかな
  容コート裏地小粋なストライプ
 
西田美智子(札幌市/樅)
  夏帯と共に疲れを解き放ち
  天界の唯の便りや落し文
  竜胆の色に誘われ旭岳
  雲となる噴煙秋の旭岳
  草生へし廃棄の窯虫集く
 
西野陽子(江別市/今)
  熊を眠らせ瞬ける山の星
  大年の階段ひとつづつのぼる
  十二月巫白き紙を折る
  目つぶれば瀬音ただしき炎暑かな
  白玉や裏口開けば父が来る
  
西增正夫(札幌市/道)
  十露盤の玉の忙しき師走かな
  大試験先ずは鉛筆並べ置く
  蒼天へ鈴を流して秋遍路
  鰊群来客を押し込む始発駅
  一輪で足る梅の香や厨の灯
 
西村榮一(江別市/壷・銀化)
  水澄むや包丁塚を木隠れに
  ラグビーや団塊世代ちりぢりに
  晩年の姿は知らず紙風船
  雨筋に隠れゆく街金魚玉
  揚羽蝶行き着く先の資料館