四 季 の 小 路
 
中屋吟月(音更町/柏林・寿月庵)
  星月夜含み大きな深呼吸
  通じ合ふものあり無言星月夜
  星月夜次元を超えてゆく憶ひ
  この様なことかつてあり星月夜
  星月夜時には独りなるもよし
 
中谷真風(豊浦町/アカシヤ・蒼花)
  雪掃いて初日の扉ひらきけり
  つまづいて来し生さざまや鳥雲に
  春耕や農良着に沁みし日の匂ひ
  田水張り夕日沈めて戻りけり
  眠り足る大地の目覚め種おろす
 
仲谷比呂古(古平町/悠)
  建増しの一部がまぶしお正月
  七十を過ぎて華やぐ春のいろ
  窓洗ひ祭り来る日を整へり
  卒寿過ぎバスを乗りつぐ盆の客
  難解の文字美しや銀屏風
  
中山ヒロ子(札幌市/草木舎)
  前浜の破船の錆や風光る
  雪渓や土地言葉にて燥ぐ子等
  白壁に秋の更けゆく波の音
  流氷接岸大鍋のカレーぐつぐつと
  流氷に沈む夕日をひとりじめ
 
永井清晴(芽室町/花鳥)
  野狐の出口入り口山笑ふ
  夜釣舟満月つれて帰りけり
  散ることの知らぬさびしさ水中花
  どんぐりを銀杏の葉にて買ひし子よ
  常連の女老ひたり盆踊
 
永井誠(弟子屈町/氷原帯)
  火のしずくこぼしつ秋刀魚焼かれゆく
  天高し忘れ上手となるばかり
  指切りの指はなれゆく枯葉かな
  着ぶくれてやがてひとりとなるふたり
  ななつぼし昭和のあかりまだ消へず
   
長尾久美子(小樽市/青女わかくさ)
  青空をつれて歩いて冬ぬくし
  新築の表札ふたつ初つばめ
  雛飾る男ばかりの世帯かな
  やすやすと家を離る子鯉のぼり
  武具飾る長男次男遠く住み
 
長廻郁子(札幌市)
  揚がりゆく花火の中に又花火
  出来秋を待つ我が庭の野菜達
  農作業と云ふ程もなし我が狭庭
  ゆつたりと秋風を身に舟遊び
  突然の雷雨空をかけ巡る
 
永野照子(札幌市)
  湯をうめる水人日の地中来て
  みどり児を抱かされてゐる暑さかな
  逮夜僧帰りしあとの良夜かな
  夜の奥へ桜紅葉を枝折りけり
  ふくろふの鳴いて大きくなりし闇
 
長畑静香(富良野市)
  敬老日今日の一日野良着脱ぐ
  夏の山青い谺の返り来る
  大代田空の青さも入れて掻く
  浜祭りイクラ丼てんこ盛
  大地より息吹もらいて春動く
 
南雲里代(上士幌町/道)
  手袋を急いではいて出かけけり
  病室の前は静かに歩く春
  文月やガリバンの癖残る夫
  犬の視線たどればそこに蟻の列
  秋晴れやディスクドックの選手権
 
名取光恵(苫小牧市/いには・アカシヤ)
  会者定離富士さえざえと暮れ残る
  冬虹を指したる指ののこりけり
  師と弟子の水音ふたつ紙を漉く
  どしやぶりの後の青空草ひばり
  ダム底はアイヌの聖地銀やんま
 
並河裕子(札幌市/鴻・モミザ)
  手で量る封書の重さ春の風
  春立ちぬキーホルダーに鍵ふたつ
  激辛のカレーライスよ夏木立
  少年のセンチメンタル草いきれ
  約束は破られるもの吾亦紅
  
滑川賢一(札幌市)
  煮凝の端より揺れて老いふたり
  古草を鋤き込んでより土新た
  満天の星を揺らして藤寝椅子
  空蝉や難産の痕そのままに
  母娘つもるはなしに蜜柑むく
 
成田恵美子(札幌市/雪嶺)
  蝦夷富士は初雪まとい凛凛と
  強き風落葉意志なく乱れ飛ぶ
  日高路はアイヌの里よ秋深し
  紅葉と文様美事二風谷は
  秋の風襟裳の浜の昆布干し