四 季 の 小 路
 
池原和子(上士幌町/道)
  オホーツクの潮の香満ちるホタテ焼く
  兄弟の不仲説なり鵜の巣
  へそ踊り富良野盆地のど真ん中
  背伸びする美瑛の丘や天高し
  盆用意セピア色なる手書きメモ
   
石井こう子(小檜市/鶴)
  ぼろぼろな鮭や流れの為すがまま
  落葉松の金茶ひとしほ初しぐれ
  札樽道吹き晴れ木花二重三重
  寒紅さし時分の花とおもひけり
  雨水なほダンプ列なす雪捨場
 
石川恵子(帯広市/道・澪つくし)
  鉄線花色の薄れるトタン屋根
  山彦をまつすぐもどす山桜
  山笑う少女の胸に恋ひとつ
  日高峰どつかり座る春の雲
  夏帯をきりりと締めて予約席
 
石川純子(旭川市/白魚火)
  自販機よりごとんとジュース草萌ゆる
  ゆで玉子つるんと剥けてピクニック
  峰雲やどつかり座する地神の碑
  出来高はそれなりと言ふ豊の秋
  人を見るゴリラの横目冬ぬくし
 
石川青狼(釧路市/海程)
  フラメンコ阿寒颪を踏み鳴らせ
  父母は力か柳か鬼やらい
  妻は明日鬼になりたる豆を買う
  若輩が最前列の花の宴
  草原のレストランです草ロール
 
石川隆夫(札幌市/杜鵑花)
  春暁や湖水穏やかに豊平峡
  夏まつり郷土獅子舞立見して
  海へだて遠望の羊蹄山雪かむる
  紅葉かつ散るキャンパスやクラーク像
  凛と立つ仰ぐ椴松雪に耐ふ
 
石川民子(岩見沢市/道)
  スケーターコンマ一秒の息づかひ
  氷塊は鳥の足場となりにけり
  手を振ると言ふ交流帰る鳥
  郭公の命に従ふ夫の鍬
  リレーより雲追ふ雨の運動会
 
石川北辺子(東神楽町/壷)
  うららかや菓子の包みに江戸の地図
  島影は天売焼尻雲丹啜る
  オスプレイ来るか山の端雷兆す
  キクラよりホルンの余韻秋澄めり
  天塩川霧茫々とビツキ亡し
 
石川美智子(石狩市/氷原帯)
  残雪という一人子の欠伸かな
  寝そべって蜆貝など見ておりぬ
  たまに未来の話をしよう夏の雲
  バス停の傾きもよし青十勝
  さよならは先に言ってよ黄砂来る
 
石倉京子(札幌市/ホトトギス・夏至)
  人の日のファックス人を悲します
  落葉松の枝のよろこぶスキー行
  甘いねと噛むクレソンのお浸しよ
  一と月に一錠そしてゆるり春
  日の力借り三月のふくらはぎ
 
石本雪鬼(札幌市/雪嶺)
  春残し戦忌みつつ句座は句座
  白樺の若葉一斉今朝芽吹く
  七夕やメソポタミアに戦火なお
  待つ蜘蛛に不安ないかと問いかける
  初物のメロン皮まで夕張っ子
 
石山雅之(札幌市)
  あらたまの松の囀り雀百
  晩年の往く道問へば亀鳴けり
  塵の身のいのち潤す山清水
  詩の雫こぼれ来さうな星月夜
  天日の見守り無量冬木の芽
 
和泉すみ子(北広鳥市/道))
  薄ら日は彼の裸木に果てにけり
  消火栓頑具の兵士めく月下
  咎あるか縄日のきつき雪囲
  ビー玉の寒月光に捉はるを
  老残のおほかたは赤冬木の笑
 
磯江波響(網走市/壷)
  真っ新な流氷の道母還る
  流氷を土竜叩きに観光船
  百年のいのち咲き経ぎ菱は実に
  海霧ふかし北方墓参叶はざり
  地の涯に源二の雪の今日も降る
 
市川翠子(函庶市/艀通信)
  内側は足踏みをして福寿草
  春立つや空欄にある星の列
  砂山の風向き変わる猫柳
  額の花朝日を浴びて始まって
  一切れに大きな気泡夏の果て