四 季 の 小 路
 
辻脇系一(札幌市)
  ポケットを探りいつもの雪野かな
  牡蠣すする東の海へ口つけて
  川の向うに春の小道具大道具
  地霊祖霊よ脛より下に初の蝶
  吹き降りや青野にすでに無き家に
 
津田とわ子(礼儀市/天為・樅)
  沖よりも近き星空流氷期
  父母とゐるやうな日差しや春障子
  進化論問へば角振るかたつむり
  動かねば夜が終るぞがまがへる
  鐘楼の影伸びてくる蟻地獄
 
土屋陽子(札幌市/道・雪解)
  立てずゐる仔馬に頬摺りする輓馬
  百幹の竹に和音や青嵐
  ふくれくる濤に透く藻や夕薄暑
  蓮池に佇てばあの日の風の音
  大雪を嘆きつつ又嗤ひつつ
  
角田周子(札幌市/若葉)
  押入れに匂ふ切炭雪もよひ
  春雪や御句集の帯透きとほり
  深雪掻き建国の日の窓開く
  医通ひの夫を頼りの余寒かな
  春めくや昼の灯淡き時計台
 
角田桑里(札幌市/秋・壷)
  雪吊のハープ爪弾く風の神
  春疾風一本脚の赤ポスト
  繭蔵の昭和の窓に燕来る
  簗場跡白波立てて梅雨明ける
  早苗饗や米百俵の地酒翁
 
鶴田伸子(釧路市)
  七草の青さほんのり粥煮ゆる
  諳んじて経唱ふる人入り彼岸
  春愁や今宵の月は青白き
  夏暁の流るる風を深く吸ふ
  旋風地に縋りつく寒鴉
   
寺田保子(釧路町/道)
  励まさる次なるものに冬木の芽
  丹頂の腹の純白我が頭上
  真あたらし日の昇りくる霧氷林
  待春の一望にある海の綺羅
  春霞入り日まん丸浮かせけり
 
遠山宮子(札幌市/葦牙)
  雪解急硝子の街も蔵町も
  お浬磐やけふくつきりと水平線
  青空へ一枝をのべて朝ざくら
  淋しさに逆立ちひとつ春の午後
  群像に森の風くる芒種かな
 
戸澤晶子(札幌市/花鳥)
  春光や天窓細き地下通路
  亀鳴くや南の島のキヤデラック
  流灯や女傑と呼ばれ一生涯
  若き日の母を知る人鳳仙花
  閻深き空を統べたる流れ星
 
戸澤のりこ(札幌市/花鳥)
  春灯や女の酔ひは首に出て
  皆同じスタートライン木の芽風
  ほつれ髪なほして母の雛納
  踊の輪無言で会話してをりぬ
  親知らぬ間の約束や遠花火
 
戸田幸四郎(札幌市)
  難民の空こそ光れ初日出
  いつの日か吾を掬むべし寒北斗
  いのちとは歩むことなり柳の芽
  人知れず樹液上るや春満月
  便はれぬ分度器一つ鳥雲に
 
富崎季実子(札幌市/樅)
  美少女のミイラの睫よなぐもり
  金魚玉越しいびつなる山河
  庖丁の小鍛冶の銘や秋彼岸
  道なりにいつか高きに登りけり
  朝刊の強張つて着く冬はじめ
 
戸来和子(積丹町/さるるん)
  煤光りの番屋の歴史涼しかり
  鳥除けの浮玉ゆれし豊の秋
  馬車ツアーの岬六村花どぐい
  汐眩し鮭漁親子のゴム合羽
  茣蓙の席もありて施設の秋まつり
  
土門きくゑ(初山別村/若葉・青女わかくさ)
  朽ち船の古木の匂ひ炎天下
  天文台の影雍容と銀河濃し
  草の実落つ四千年の泥炭に
  尾白鷺孤愁の翼たたみをり
  けあらしの沖を見据ゑて尾白鷲
 
土門丈士(北見市/道)
  父逝くや風に舞いゆく春の雪
  つなぐ手の温み伝わるランドセル
  新緑の風をかき分けウォーキング
  小鳥来る木洩れ日うけし句碑の森
  軒氷柱昭和の屋根のなつかしく