四 季 の 小 路
 
田辺信子(札幌市/晏)
  サツポロヘ塩をひとふり雪まつり
  大雪像神との刻をせせらぎを
  つくしまで百歩戸棚を拭いている
  すかんぼになる上衣一枚ぬいでいて
  強飯や喉の干潟に百千鳥
 
谷川かつゑ(枝幸町/氷原帯)
  震災忌キリンに咀嚼される空
  梅雨寒のベンチはいつも空腹
  旋律の良きつららかなボブディラン
  潦の底は銀河の出入口
  冴え返る遺されし日の薄化粧
 
谷島展子(旭川市/ゆく春・すずかけ)
  書き出しはこれと決めたる初日記
  眼光を切っ先に込め寒稽古
  冬ざるる柱状節理黙すのみ
  着ぶくれやあまくなりたる釦穴
  独り居の淋しさ言はず鰊焼く
  
谷野松枝(小樽市/天為・アカシヤ)
  絽の袖に残る片道切符かな
  葛切や海より碧き江戸切子
  拍子木の一打に荒ぶ神輿かな
  羅や色目あせたるしつけ糸
  沢水のたばしる蕗の碧さかな
 
田原和之(札幌市)
  ジョギングは卆寿の支へ新茶汲む
  賑はひを運び来る風遠花火
  山翳翠や一矢のごときダイビング
  母と子のことば少く雛納
  立春のよろこび分かつ天地人
 
田村智恵子(札幌市/樅)
  馬の目の沖に真向ふ草紅
  躓いて堰を出て行く秋の川
  励ましの言葉に弱い赤のまま
  名刹に声を落して鳥帰る
  裏窓の鈍き把手や秋探し
   
田森つとむ(札幌市)
  傘寿にもまだある未来大旦
  海の字に母と言ふ文字海明ける
  雁渡る父母海峡を遁れ来し
  妻よりも先に逝きたし曼珠沙華
  冬の夜の汽笛留萌ヘラストラン
 
田湯岬(札幌市/道)
  アイドルの舞台のやうに熱帯魚
  噴水に来てゐる別の薄暮かな
  夏至の夕虚空をあそぶ古代文字
  箱庭を見下ろすやうに空の旅
  チーママはどこか夢千代原爆忌
 
丹下美井(旭川市/氷原帯)
  膝上は三十センチ春の風
  底高な靴はき五月やって来た
  生も死も裸一貫油蝉
  海鳴りや冬鳥紙のごとく散る
  雪虫に妻奪われてなるものか
 
大郷石秋(北広島市/秋麗・踏青)
  鳥雲に言葉の欠片思ひ出せず
  この先も素心の余生青き踏む
  老木の瘤春愁を溜めてをり
  潮騒は父呼ぶ声か母子草
  ラムネ玉抜きて昭和の蘇る
 
塚野とよ乃(室蘭市/艸冠)
  旋回の高みの果たて鷹消えぬ
  風立ちて日に煌めけり春の雪
  どか雪や夜襲の如き春の雪
  一刷毛の風に来り来る黄蝶かな
  蒼天を切り裂く迅さ夏燕
 
都賀由美子(鹿部町/艀通信)
  革の芽や防音壁のまだつづく
  雨水の小さな蛇行遅ざくら
  初蝉の光の中へ観覧車
  潮引くや木の根の先に夏の星
  砂場ごと吸い込まれたる氷水
 
辻恵美子(鷹栖町/舷燈)
  冬枯れのモノクロの町気骨秘め
  御下がり着雛の真似して化粧する
  春の雲ランドセルごと抱きしめて
  ファッション誌の春着見てます女です
  柿届く一年過ぐること速し
  
辻知子(今金町/アカシヤ)
  霜月や厨に遣る母の音
  俎板を怒らせ冬至南瓜切る
  クワーより臨む城跡風光る
  花愛づるお忍びの道絹の雨
  芍薬の香気阿吽の五十年
 
辻口秋草子(喜茂別町/アカシヤ)
  木の窪のしづけし梟るすなりや
  薄れ日の終りし頃に初時雨
  罠に堕つ月の明りの洗熊
  夢二の絵ヘチマコロンも朧なる
  月ありてどの紅梅も白からむ