四 季 の 小 路
 
竹田千恵子(音更町/ホトトギス・柏林)
  初旬会待つ間の地震の大きかり
  白鳥の水尾引つ張つて着水す
  あの豪雨無かつたやうな秋薔薇
  三段に落とす水音天高し
  丹頂に次々遭へて旅一と日
 
田島静子(札幌市/蒼花)
  師の句碑の光陰映し水温む
  徳川の墓園鎮もり飛花落茶
  との曇り門に燃えたつ葉鶏頭
  ゲートルは考の野良着や敗戦忌
  馬橇曳く原木に泌む山の息
 
只津心丈(札幌市/itak)
  蜂の子や私誰でも愛せるの
  鍋の底掻きいる師いて風炉名残
  元カノを殺して明日は桜桃己忌
  お前が死ぬのを待っていて初雪
  佳桜忌はいつも誰かを待っている
  
立浪一一(石狩市)
  極楽も地獄もこの世除夜の鐘
  浄土まで女を捨てぬ初鏡
  着ぶくれてみわけのつかぬ嫁姑
  子が走るカメラが走る運動会
  船頭が積荷の影で三尺寝
 
辰巳佐知子(札幌市/葦牙)
  青き踏む大地と対話するやうに
  草矢打つ少年父を振り向かす
  木の実落つ風のイントロ聴いてより
  押し込みの中にへら台一葉忌
  数へ日や古書束ねたる真田紐
 
辰巳奈優美(札幌市/若葉)
  ものの角そろへて寒に対ひけり
  縫取りのごとき花心や玉椿
  衣更へてよりの心の後戻り
  波いくへ浜豌豆の花いくへ
  秋天のあまねく潤ふ青さかな
   
館石哲を(函館市/ホトトギス)
  脚で擢操つる自在海胆を採る
  帰省せし孫に終活手伝はせ
  帰へる鮭川口出たり入いつたり
  空と云ふはどの高さからか赤とんぼ
  大空に駒ヶ岳消へてゆく枯野星
 
田中滋子(札幌市/壷)
  柿をむく子規の一句の声となり
  野路ゆけば四方へ袖ひく秋の声
  留守たのむ夫に炊きおく栗ごはん
  親の亡く夜爪きる音冴ゆるかな
  繰り言はこれでおしまひ冬木の芽
 
田中静水(登別市/青女わかくさ)
  氷紋を拭ひ何処も深き闇
  リラ香るテラスにふたつティーカップ
  草青む村社に隣る屯田碑
  恋蛍消えて寺苑の闇探き
  灰暗き堂の涼しさ龍の軸
 
田中蝶々子(帯広市/ホトトギス・夏至)
  新緑の日差しの中の庭手入れ
  旅一つ終へて緑の濃くなりぬ
  運転の日焼けの腕の気にかかり
  七月の森の落ち着きありにけり
  気がつけば季節はすでに月見草
 
田中徹男(幌延町/樹氷)
  耕して遠嶺ひとつ浮びたる
  ふるさとは時止まりしと帰省の子
  蟹汁の脚が這いだす漁師街
  寒卵食べて年金減るはなし
  夫逝くと詠みし母逝き猫柳
 
田中とも子(当別町/若葉)
  眼鏡拭きはじまる朝ヒヤシンス
  風に芯残る石狩花こぶし
  真つ先に赤を指す児やチューリップ
  春めくや外出の素手の心地よく
  刻みてはひろぐ野の香や蕗のたう
 
田中美津子(北見市/道)
  賑やかや孫の目覚めの明け易し
  山道を左右に分けて蝉時雨
  流れ落つ滝を見上げて称えけり
  峠路の老鶯の声谷間より
  細りても光はなさぬ秋の滝
  
田中實(札幌市/樅)
  朧夜に寄り添ふだけの祈りかな
  潮騒を聴きて綾なす桜貝
  つくづくに我が故郷の夏の霧
  オクモイの沖に漁火夏料理
  秋の日に母の宛てがふ血止め草
 
田辺武子(江別市)
  水無月とおもふ形見の小筆禿び
  杜鵑草活け兵屋の外厠
  山百合の刈られで匂ふ露の墓
  捨てきれぬ往復書簡雁渡る
  とほくなる人呼び戻す芒原