四 季 の 小 路
 
高棟ヨウ子(室蘭市/藍生・itak)
  ダプリンの美しさ聖書や忍冬
  八月のぶうぶう鳴らすばらふいん紙
  待宵のどの窓からも波の音
  語尾少しぶっさらぼうに螽斯
  秋桜にかこまれて秋桜になる
 
高橋千草(札幌市/壷・藍生)
  歯固めや母にたつぷり花かつを
  リラ冷の飯噴くにほひけふの了ふ
  ひとつづつ岐立夏至の午後の雲
  生きるとは身をけづること青葉の夜
  粟いろの眸を凝らし牡鹿立つ
 
高橋登実子(帯広市/道・濡つくし)
  十勝最初冠雪の雲速し
  どこまでも麦秋波打つ大十勝
  新緑の十勝三股喫茶の灯
  冬将軍十勝平野を包みこわ
  十勝野に早々と来る雪の声
  
高橋博治(北広島市/樅)
  一通のつどひの案内秋深む
  春北風や又三郎の電話箱
  露天湯の鼻歌泥棒深雪闇
  小中高みんな無くなり卒業歌
  若者はスマホの世界鳥渡る
 
高橋まさし(鹿追町/ホトトギス)
  教壇に立つや派手目のセーターで
  筆まめと妻にほめられ賀状かく
  雪降りに限って外出今日もまた
  二人でも手こずる冬至南瓜割る
  菊薫る妻に受賞の便り来る
 
高間ヨシヱ(幕別町/ホトトギス・柏林)
  潮の香の染み込むまでを夏帽子
  太陽を砕いて光る夏の海
  白服の車掌に切符見せて旅
  海霧晴れてフェリーの静かなる始動
  潮風に句帖のめくれ炎天下
   
高松暮秋(帯広市/道・滞つくし)
  枕木は宗谷本線陽炎へる
  旭岳遥かに望む蝌蚪の群
  水筒に雪渓の水溢れさす
  忠別川もまれもまれる夏落葉
  語り部の影ぞ涼しき綾子の碑
 
高見慧子(札幌市/ホトトギス・柏林)
  父逝きてより半世紀秋彼岸
  父の忌や米寿の兄の爽やかに
  五十回となりし父の忌里の秋
  父の忌に集うきょうだい露の秋
  父恋し妹いとおし秋彼岸
 
滝玲子(安平町/道)
  山吹の今からという青さかな
  切り岸の一水に添う山つつじ
  石垣の多き寺町夕薄暑
  菜の花の沖へ目深の野球帽
  借景は園児らの声六月来
 
瀧菊枝(安平町/道)
  憲法も古稀我も古稀ちゃんちゃんこ
  ペン併胝のひと日の無聊年新た
  薫風の広げる祝詞地鎮祭
  開拓碑右折の先は菜の花野
  勇払の海霧は強者沈む街
 
滝田梓(旭川市/河・艀通信)
  道化師が夢に出て来る終戦日
  真夜中を一角くずすかき氷
  アイスコーヒー飲み午後からの献花
  ビタミンE飲み秋から早寝かな
  てふてふがもんどりを打つ敗戦日
 
滝谷泰星(札幌市/郭公・雲の木)
  薔薇の富貴百万本も一本も
  式部の実かんらん岩の水美味し
  流氷を待つ群青の身じろがず
  越き伏しの重なる山の朧にて
  人の住む星の相剋はたた神
 
竹内翠秋(恵庭市/踏青)
  通弁のいらぬひと日の虫の声
  身じろぎもせでカワセミの秋衣
  転がりしままの毛玉や夜の長し
  たば風に軒の鮭とば叫びける
  鎌の跡ざつくり独活の里だより
  
竹内直治(苫小牧市/アカシヤ)
  鵲の初めての巣の一羽かな
  寒林に冒険の子の声弾け
  宿命を負うて駆け出す仔馬かな
  木道をひとり占めして蛇眠る
  手花火の消えて父子の声戻る
 
武内三波(札幌市)
  残雪の野鼠なる道に物芽あり
  初蝉の音階合わせ始まれり
  突き出して唇に紅引く七五三
  春の湖百円分の望遠鎗
  勢子の追う鹿侯つ漢ら冷まじき