四 季 の 小 路
 
平倫子(札幌市/藍生)
  魂の右に鬼ゐる豆を撒く
  おおかみに敗者の美学秋土用
  駒ヶ岳とんがつて夏みぎひだり
  大仕事落穂拾ひのやうにかな
  大花野風が鑿せり四列柱
 
田岡ヒロ子(札幌市/澪)
  連山の肩ごし燃ゆる寒茜
  街路樹に光遊びし雪の華
  雪しづか母に別れの紅をさす
  君にもう嘘をつけずに夕桜
  噴水の向かふの君が眩しくて
 
高尾美津子(深川市/道)
  辛夷咲く子の文面の短かくて
  羽抜けどり片道切付失せしまま
  三軒の出店にぎはふ秋祭
  臨月やづしりと重く稲穂垂る
  北国に炎えて老いゆくななかまど
  
高垣美恵子(札幌市/雪華)
  置き去りの花野の稭となる足音
  花冷の蔵の杉玉醪湧く
  買初のまなこ許りと擦れ違ふ
  星涼し竹の簾の蔓しなふ
  裏木戸の椅子の浮き立つ月今宵
 
高垣卯八(札幌市/蒼花)
  健やかに重ぬる齢青き踏む
  涼風をたたんで送る封書かな
  敗戦忌うやむやにする第九条
  墓碑名は今も当歳墓洗ふ
  縄文の風さやさやと稲穂波
 
高木則子(函館市/アカシヤ)
  ばらで買ふ色鉛筆や春の風
  夏立つやカを込めて畳拭き
  摘草の匂ふ手のひら塩むすび
  崩落の橋のその先虫すだく
  十分に余生の域や氷下魚焼く
   
高木通子(小椿市/葦牙・ホトトギス)
  初孫に美男のきざし明の春
  雛一対飾り一人の暮し守る
  緑蔭にゐて木洩れ日と戯るる
  人去りし花野風音波の音
  虎落笛夫在る時は気にならず
 
高崎常子(札幌市/艸冠)
  箸紙の名の健やかに四世代
  緑児の拳のちから木の芽吹く
  夏の雲空へ筒抜け子等の声
  来る年の覚束無くも月今宵
  指針とす湾の大橋鷹渡る
 
高瀬仁孝(歌志内市/アカシヤ)
  虹かかる信濃の山の彼方より
  信州や閑かさの湧く岩清水
  三段の滝の自さを極めけり
  水芭蕉浮かれて歩む樺林
  睡蓮や信濃の朝は黙の中
 
高田信子(北見市/ホトトギス・玉藻)
  青空や初夏を奏でる樺並木
  新涼や潮目くつきりオホーツク海
  虫時雨一人佇む静心
  星月夜旅の契りを思ひ出す
  忽ちに霧立ち籠める浜の夕
 
高橋欣也(札幌市/えぞにう札幌)
  湿原の水温むらし夢散歩
  森と川阿寒の夏に身をゆだね
  あの世への糸電話切れ夏果つる
  ポケットに薬のかけら秋の風
  去年今年句友は伏していたりける
 
高橋俊嗣(登別市)
  鳴き交はす鴉の声も秋の声
  さやうならしてゐるやうな尾花かな
  お日様に雲かかりしか日向ぼこ
  春浅し誰かゐるかと銭湯ヘ
  サイレンに街静まれり終戦日
 
高橋北秋(浜頓別町)
  窓の陽につい誘われて目張り剥ぐ
  時を告ぐ声に張りなき羽抜鳥
  見る阿呆曾つては踊る阿呆なり
  山葡萄一房採るに背が足らず
  裏庭に風の路あり秋の声
  
高橋美奈子(札幌市/道)
  繰返し巻くオルゴール雛の宴
  春の雲警笛一つ通過駅
  山肌は薄墨色に涅槃風
  梅東風や数え百五の母の忌来
  清明や棟梁の声訥訥と
 
高橋唯子(旭川市/道)
  初電話憎まれロを覚へし児
  いたつきの母の余生や花吹雪
  湖面より秋の光の展がりぬ
  ふと秋思捨てかねている古き文
  小照の母に言問ふ星月夜