四 季 の 小 路
 
鈴木牛後(下川町/雪華・藍生)
  読み古りて小口枯野になつてをり
  冬帽のなか白炎の音がする
  雪解野やわれは被食者かもしれず
  牛をらぬ夏野に涯の無きごとし
  農道の波打つてゐる西日かな
 
鈴木周子(えりも町/道)
  応へなき夫に一献年の酒
  樹の影のすくと伸びきて春の涛
  子の折りし百合のとどきし敬老白
  秋の声とどめて水の翳りかな
  雪晴の遠嶺ことごと谺せり
 
鈴木玉(札幌市/札幌ミモザ)
  健やかに子等と乾杯初景色
  卒業歌涙ながらの昭和かな
  生れ来る双子でありて春を待つ
  遺骨なし祈りにくれる終戦忌
  文化の日足踏ミシン電動に
  
鈴木筑峰(新ひだか町)
  一羽ずつ来て寒雀どつと去り
  空蝉や同期の名忘れそれきり
  牛になり放牧牛の里帰り
  母の日や父の遺影と並ぶだけ
  誰にも遇はねどふる里あたゝかし
 
鈴木禎子(北広島市)
  いつの日も蟻は静かに混み合へる
  乗り損なひし鞦韆の括らるる
  紙ひひな少し疲れてゐたりけり
  花の気を頂き過ぎてしまひけり
  母の日の母遠くゐる遠くゐる
   
鈴木光彦(札幌市/氷原帯)
  氷柱伸びこの世あの世が見えてきた
  大雪の札幌目出たしもつと降れ
  戦争の絶えざる地球春何処
  蒲公英を花と思えば風香る
  新雪を待つ裸木の姿良し
 
鈴木八駛郎(帯広市/海程・寒雷)
  げんのしょうこ柱に吊す家系かな
  赤まんまおさなこころとなり老いる
  茄子漬や母は年中紺絣
  蛍の火声を出さずに見ていたり
  住み慣れた家に母いる竈馬
 
鈴木好恵(札幌市/道)
  暁闇のほのかな明かり雪の景
  鳥雲に子等には子等の流儀かな
  鶯の声の重なる奥の院
  水面いま若葉の彩をそのままに
  夏果てる真っ白白の我が旬帖
 
須藤大硯(芦別市/アカシヤ)
  二月早艶めく兆し河岸の樹々
  花吹雪昔炭都の錆鉄路
  老いなりに野良着に汗のしみ加減
  をみな皆乙女に返る観楓会
  同朋へ弔辞の鳴咽冬の月
 
砂子間佳子(小樽市/ホトトギス・ひろそ火)
  初蝶の飛翔うながす森の風
  松島の松影涼し波の音
  高楼の酒宴華やげ月涼し
  梅雨晴や豪華絢爛瑞巌寺
  梅雨のなき蝦夷にも久し今朝の晴れ
 
関根礼子(札幌市/蒼花)
  ふらここを譲り大人になる少女
  物の怪に肩つかまるる花月夜
  亀鳴いてゐるや万年後の地球
  絶海へ落つるほかなし島椿
  一滴は魔女の血薔薇の辣ささる
 
瀬戸優理子(南幌町/WA)
  朧夜の呼吸合わせる鍵と穴
  うっとりとはたらく悪事ヒヤシンス
  レジのないばあちゃんの店氷水
  小指から滅ぶ一途な夏でした
  水吸って業の薄らぐ冬薔薇
  
十河宣洋(旭川市/葦牙・海程)
  雪の鹿影かたまりつゆるみつつ
  雪明りひとりが乱れ須可捨焉乎
  芽木さわぐ劇場の椅子変に静か
  ライフジャケット女体鮮かに夏となる
  秋増毛聞き酒という楽しみも
 
袖山功(登別市/若葉)
  種蒔いて楽しみつづる農日記
  千畳の田に空ひとつ揚雲雀
  雲雀野の空かつきりと十勝晴
  十勝野の空に抜けたる威銃
  十勝川水より昏れて揚花火
 
園部早智子(札幌市/葦牙・雲の木)
  鈴懸の毯に響や春の雪
  竹の皮ばさり脱ぎ捨つ無相荘
  転車台のS Lゆるり遠青嶺
  白牡丹小野小町の傘に入る
  栃の実や句評三人三様に