四 季 の 小 路
 
菅原孝子(黒松内町/アカシヤ)
  手鏡のくもりを拭ひ秋思ふと
  ぜんざいの小豆ふつくら女正月
  雪解光村に明るき水の音
  のどけしや「坂の途中」といふ茶房
  電子辞書の文字をズームに秋灯下
 
菅原ツヤ子(札幌市/ホトトギス)
  庭徐々に彩整ひて夏に入る
  風光る野の逢かまで羊群れ
  農場の起伏見渡す草若葉
  夏潮に電車ふくれて曲り来る
  若葉雨大地の乾き解きにけり
 
菅原洋子(伊達市/若葉)
  馬の背の鞣し光りに秋高し
  噺きを残してはやも霧の中
  ひぐらしや眠れるごとく舟浮かび
  リラの風まとひ子を抱くマリア像
  泣き虫はいまも変はらず髪洗ふ
  
杉野一博(函館市/艀適信)
  鳥の目に三叉路のある寒の明
  湾口の朝凪色の表紙かな
  辿りつくとき秋冷のらんぷかな
  口中に鰯雲あり午後三時
  喉通る水に映りし星月夜
 
杉本一玖(由仁町/氷原帯・畦道)
  緑の週間吾は育毛剤買ふ
  憂き事も流してほしさ雪解川
  歯を病みて七草もどきの粥を食ぶ
  大くしやみ沈黙破る会議室
  晩秋や我が生涯も暮れ近し
   
杉本多恵子(札幌市)
  頑張らない事の大切葛湯ふく
  手袋を投げ決心のやうなもの
  繰り返すボレロの響き雪霏々と
  包丁を研ひでもらひて涼新た
  明易の淋しく覚めし母の夢
 
杉山羽州(帯広市/氷原帯)
  こころざし高きがよけれ大旦
  啓蟄や羽根もつものの影うごく
  難民の子らへの支援夏来る
  睡蓮のこの世かの世のあはひかな
  掌に胡桃あそばせ決断す
 
杉山鶴子(上川町)
  花万朶もう戦争はしない国
  送りたる人を想へりリラの風
  水を買ふ見知らぬ街や小向日葵
  秋光の海手の染まる蒼さかな
  花束を抱き退会秋夕焼
 
杉吉みちこ(旭川市/雪華)
  天心を仰ぎつぶらなふきのたう
  散りゆける愁ひの記憶花の雨
  産土の未踏の丘や夏夕焼
  書を閉じて終着駅を問ふ夜長
  白鳥の舞ひ一途なるモノローグ
 
すずき春雪(札幌市/道)
  雪折れの松のまみどり戦没碑
  居酒屋の盛塩汚れ光星忌
  ひとひらがひとひらを迫ふ花月夜
  緑さす少年兵の兄の部屋
  馬小屋にわが物顔の耕転機
 
鈴木アツ子(北広島市/壷・梟)
  真雁占む中洲一瞬無音なす
  湯気立てて四月の雪は消えにけり
  水芭蕉空気も水も生まれたて
  草を刈る地に貼り付くは残しつつ
  昼灯す港湾船舶しんと夏
 
鈴木勇(小樽市/鶴)
  山坂の墓参は最後かも知れぬ
  鳥兜延命治療如何にせむ
  熱爛や国稀といふ北の酒
  昭和の日昭和を生きて卒寿かな
  アカシヤの花より白き妻の髪
  
鈴木一舜(札幌市/道)
  風立つや湖面はみだす花の山
  夜遊びの風が忘れし花筏
  玫瑰や砂丘は風の滑走路
  蝦夷富士の風をまくらに大昼寝
  送電線短き夏を跨ぎ行く
 
鈴木きみえ(札幌市/草樹・蒼花)
  野分波のれば行けさうポルトガル
  穴に入る蛇の眼にある荒野
  餅爆ぜてあの世この世を散らしけり
  山笑ふ夢の回路は日高まで
  万緑やビツキの牛が鳴き通す
 
鈴木京子(室蘭市/草冠)
  船笛の母なる声や地虫出づ
  草の絮一期一会の風孕む
  一舟の水尾引くひかり秋さやか
  もう二月まだ二月かと鳩歩む
  想ひ出も折り畳みたる古日傘