四 季 の 小 路
 
清水里美(岩見沢市/小熊座)
  落葉にも生まれ育ちのありたるか
  息白し言つておくなら今のうち
  うららかや夫なし子なし愁ひなし
  時の日や父母の写真に未生の吾
  放題のある日括られ風知草
 
清水芳堂(福島町/道)
  蟻に羽根出てきて逸る旅鞄
  人の世を獏の哺きゆく春の夢
  分水嶺南風の鴉を流しけり
  雲はみな海へ海へと大刈田
  雑沓の背で年惜しむ赤ん坊
 
清水道子(小樽市/丹)
  花菜食べ口中といふ闇ほのか
  夏草にホルンを置けば鳴る如し
  深閑と空のありけり蟻地獄
  白雲のいつより密に新豆腐
  白鳥の何を捨てたる自なりし
  
霜田千代麿(岩見沢市/ホトトギス・夏至)
  反逆の大地炎暑のポーランド
  ポーランド白夜の森の喧し
  万緑のしたたる如し蝦夷の寺
  鹿の子百合よりも幼き蓮如像
  吾投棄物ハンモックからまれり
 
白井節子(札幌市/游の会)
  立春やにぎり鋏の息遣い
  降りやまず真白き畑へ吊しびな
  流氷帯ほどけて日々の深呼吸
  ぬれ石の石にも肩や冴え返る
  自詰草馬の手綱をゆるめおり
   
白井雅女(函館市/艀)
  あの空へ赤い手袋はめてって
  五線紙と雪解滴をくぐりけり
  地球儀と店終いする春の雪
  シャッターのペンキの白や卯浪寄す
  パーコード夏の果へとかざしけり
 
白岩晶子(札幌市/道)
  雪止むや邪心鎮もる窓の景
  寄鍋に箸が混み合う母忌日
  指揮棒は柩に納め昼の虫
  落葉踏む夫との日々を耳底に
  元朝の聖堂への道広くして
 
白戸尚(稚内市)
  北へ行く道はここまで夏の潮
  星空に逢ひたき今日も夏霞
  夏寒し別れはいつもふいに来る
  半襟を真白に替へて文化の日
  秋探しゆっくり進む外はなし
 
新庄康一(砂川市)
  雪割りや疲れを癒す土の色
  ちりぢりの一家揃ひて聖夜かな
  去年今年米寿の父母とはたちの子
  祖父母孫成人式に写真館
  波風や泥沼ながら菱に花
 
信藤詔子(札幌市/氷原帯)
  秋の七草父の煙を見たような
  ゆたかなる海の筋力十三夜
  白桃や今日も空気を吸っており
  七月の森ヘビカソの青を溶く
  ぞんぶんに陰影ぼうたんもわれも
 
進藤紫(札幌市/道)
  雪崩音聞き耳立てる膝の猫
  針供養はずして光る耳かざり
  叶うなら自蝶の背に海の旅
  秋日和よき挨拶とすれ違う
  風花を愛でつつ齢重ねおり
 
城順子(小平町/葦牙)
  清やかに新春吟詠朗朗と
  多喜二忌やむかしに戻る政
  革若葉山羊の親仔のビブラート
  六月の陸奥ゆきの旅決まる
  青嵐亡夫の古郷亡夫の声
 
陶令子(札幌市/蒼花)
  小春日やアンモナイトの目覚めたる
  レガッタや瀬田の唐橋くぐり来し
  風を愛で瀬音愛でたる夏料理
  天空へ一番近き夏野行く
  濁流の真上の空を鳥渡る
 
菅井美奈子(札幌市)
  桜どき鎖骨に触れる髪を切る
  海白夜余白の多き詩集かな
  水甕の水の衰え明易し
  中空土偶身の内を鳥渡りけり
  合鍵の削られている寒さかな
 
菅原湖舟(札幌市/葦牙)
  噸りに覚めて佳き日の始まりぬ
  母の日や笑顔のほかの母知らず
  蝦夷富士の高さに山女釣り上げし
  草笛を教へて兄は征つたきり
  オホーツクのブルー溶せり掻き氷