四 季 の 小 路
 
佐野基雲(東京都/道・嵯峨野)
  初東風や舷叩く波頭
  余寒なほ竹百幹の葉擦れかな
  隠し湯の掟三行山笑ふ
  考に酒妣に牡丹餅の秋彼岸
  雁渡し番屋の釘に雨合羽
 
佐野農人(旭川市/寒雷)
  肋なき胸や米寿の年迎ふ
  われを軸とし春暁うごき出す
  全身の力抜けゆく大くしやみ
  椅子ひとつ残す菜園野分立つ
  暖房や居眠る老いの指定席
 
佐野文子(音更町/ホトトギス・花鳥)
  わらんべの棒切が好きうららけし
  少しずつ快方に向き雛飾る
  鰊群来番屋はすでに文化財
  貿易の運河でありし船遊び
  順延のついに中止の酷暑かな
  
澤里英雄(江別市)
  蝌蚪の紐さのふのありかなかりけり
  立ち向ふけふもありけり更衣
  きりもなくついて行きたる神輿かな
  何もなく妻ゐて勤労感謝の日
  思ひ出の旅も山河もおぼろなる
 
澤田藍(札幌市/道)
  明星の殊に大きく多喜二の忌
  この町に重ねる齢日記買ふ
  三寒に四温のような子の電話
  川を見て山を眺めて春待つ日
  二歳には二歳の矜持山笑ふ
   
椎名智恵子(札幌市/澪)
  天上の花野に遊ぶ師がゐます
  再会は黄泉にて叶ふ秋の虹
  約束の一句は悼旬をみなへし
  施しは楓モミジの一葉ほど
  帰燕かな曇りがちなる遠眼鏡
 
鹿岡真知子(札幌市/氷原帯)
  うごくものみんな翳持つ雪の街
  待春や焦がさぬように魚を炊く
  ていねいに朝の歯磨き流氷来
  伸びきった靴下がある涅槃西風
  ははの骨拾う夏椿がゆれる
 
茂尾喜美子(黒松内町/アカシヤ)
  初み空五度日の干支を志無く
  花降るも花蕊降るもひとつ道
  流灯や夫とひとつの雨傘に
  枇杷を剥くひとつふたつの爪の痕
  小鳥来る山門前の法語仮
 
品田多恵子(札幌市/玉藻)
  札幌の穏やかに過ぎ三ヶ日
  笹鳴きの原始の森のしづけさよ
  ドカ雪にササラ電車も作動せず
  馬の背を歩くが如き雪の道
  凍て星の一つの光円となる
 
篠原由子(札幌市/道)
  窓ごしの日の温としや盆の窪
  木の芽晴鼻腔くすぐる旅心
  ドーベルマン耳際立ちて花の中
  聖五月レジの手前に募金箱
  大漁を海なき街へ鰯雲
 
芝崎秋水(札幌市/水聲)
  雪原へ刻印スノーアートかな
  満ち足りて嘴拭ふ寒鴉
  不可侵条約罷との距離一定に
  若草に走る亀裂や阿蘇五岳
  哀しきや見なれし花の名を忘れ
 
柴田和子(帯広市/郭公)
  初春の医院におよぐ熱帯魚
  山荘の霊気ひそやか青葉冷
  日和よき噴水高くよりたかく
  秋惜しむゆたけく白き夜の雲
  釣り人に至福の氷湖ありにけり
 
柴田ミヱ(札幌市/花桐)
  食べ頃のメロンの匂ふ目ざめかな
  大通り大樹に眞赤な小つぶな実
  異国語のとけ合ふ運河北の夏
  色々な事思い出す桜かな
  吊るしざる無人の店で胡瓜買ふ
 
渋谷マサ子(札幌市/天為)
  東雲にあさがほの藍ととのひて
  落葉松の樹間のうす日小鳥来る
  健やかに秋田茄子の飯ずし食む
  新涼の甕に溢るる昨夜の雨
  千屈菜や野辺つれづれの古サイロ
 
島泰(札幌市/かたかご)
  光満つ氷柱零の間合ひかな
  波音を寄する錬の声かもと
  郭公のこゑを聴きしと伝へけり
  綿菅の幣に祓はれ来しが沼
  紅葉して山は麓の墓抱く