四 季 の 小 路
 
阿部満子(札幌市)
  船乗りの床屋に眠る晩夏かな
  こ消えかけたハングル文字や夏の潮
  雪しまく一百年歩いてきたような
  着ぶくれてまだ人間になる途中
  どこに止めようか土筆の駐輪場
   
阿部美智子(岩見沢市/ホトトギス・夏至)
  くちびるにひとひら触るる涅槃雪
  春風や家といふもの手放して
  ついてくる二三匹あり蟻の道
  われとわが輪郭まだら秋暑かな
  動くものうつくし寮林の雀
 
阿部幸子(札幌市/蒼花)
  緑陰や卒寿の帯をゆるく締め
  襟足の細きが愛し更衣
  種子袋美しき連綿母の文字
  辿り来て女人高野の夏の果
  目力の女城主や夏の陣
 
阿部由利子(上士幌町/道)
  拳には父情恋しさ秋彼岸
  売られゆく牛と日の合い秋寂ぶる
  大雪山駆け下りて来る紅葉冷
  亡き父の大きな手にて蕎麦を打つ
  木下闇ベンチに座る老夫婦
 
阿部れい子(北竜町/道)
  樏を魔法の靴と野へ遊ぶ
  米どころ寒九の雨が行き亘る
  風花のひとひら魂の里帰り
  橇の子を見届け山の入り日かな
  家々の噂筒抜け鬆大根
 
天田牽牛子(共和町/馬酔木・花鶏)
  初山河あかつきの雲奔放に
  神苑の寄生木ふふむ斑雪村
  カフェテラス夏草も影曳き易く
  粛々と風暮れやすき刈田原
  鹿避けの警笛ひびく雪の中
 
荒川弘子(札幌市/雪嶺)
  学校の裏の坂道桐の花
  秋潮の干満にたつ朱の鳥居
  音たてて鈴懸落葉吹き溜る
  美しさ笑顔とあへり雪解村
  春昼の受話器に長きオルゴール
 
荒川美千代(音更町/道)
  船旅は異国語ばかり熱帯夜
  藍浴衣香りを解くほつれ髪
  潔く身を捨てており落ち椿
  さくら餅憩うひととき風ふわり
  蕗の薹撞りしめてる小さき手
 
新出朝子(札幌市/かでる)
  春宵の象のくるぶしいかにせむ
  逃水に届かぬ鶏の首に縄
  蚋藪蚊同じ眼をして前世とは
  遠ざかるものや地べたに梨すもも
  胎内に立つ木や雪が降り積もる
 
荒於青嶺(札幌市/ホトトギス・玉藻)
  二三日残す九月や初雪来
  秋汐の光の先の駒ヶ岳
  蹴飛ばせば木の実に当る木の実かな
  集ひ来て老いを謳歌の年尾の忌
  小樽駅降り雪虫のついて来る
 
安斉峰子(旭川市/氷原帯)
  何くわぬ顔して育つ軒つらら
  風邪の熱ゴホンと威張りちらしたる
  バレンタインふたつに割れたチョコレート
  蕗の薹秘密がひとつ増えている
  まだ未練ありて桜の空を見る
 
飯川久子(札幌市/鴻・花桐)
  靴ひもの花の湿りをほどきけり
  トルソーのやうな倒木ひこばゆる
  すみずみの青き五月や蝦夷に住む
  炎暑よりブラスバンドの現れぬ
  雪螢ふはふは急ぐ旅支度
 
井内果洞(札幌市)
  手焙りへ鯣のけぞる雪祭
  牛売りし日の暮れ易き炉端かな
  手袋の手を取り出して握り合ふ
  狼へ網元振りの鏡餅
  紅葉鍋いつより人の跋扈して
 
五十嵐秀彦(札幌市/itak・雪華)
  外套の挨払へりあこがれも
  牡丹雪本郷暗闇坂無尽
  春隣泪をにぎりつぶす音
  封筒の中の安息春の雨
  父のゐる銀座伊東屋花の冷
 
池田北陽(岩見沢市/雲の木)
  空知野の大幹線の水落す
  玫瑰の丘にスッペの軽騎兵
  猛暑来て蜂窩織炎足燃す
  喜雨遂に来りて夜の安らぎに
  田の色の反転遂に雪となる