四 季 の 小 路
 
斎藤嫰子(札幌市)
  やわらかな喃語を交じえ雛おさめ
  月光を掻い潜りたる蝌蚪の紐
  ルルドより届きし滴りくさり樋
  被りものとりて見上ぐる桐の花
  落蝉の修羅をくぐり来し眼
 
酒井百合子(北広島市/壷)
  色鳥やまたはじめから読む知らせ
  賀状受く鶏冠の赤のめでたさよ
  辛夷咲くあすも強風注意報
  落葉松の風あをあをと立夏かな
  清掃員汗の軍手を外しけり
 
坂本朱実(幌加内町/道)
  手鏡の奥に母在り初化粧
  春泥やくの字につなぐ歩み板
  腕白を今日は封印神輿舁く
  噴水に大志あること疑はず
  打ち水や人待つと云ふときめきに
  
坂本タカ女(旭川市/白魚火)
  瓢の実や滅多に開けぬ小袖出し
  遅れ咲く花の名忘れ秋の昼
  雪ちらちら灯油タンクの目盛よむ
  電柱に雪しがみつき吹雪やむ
  落葉立ちあがることして吹かれけり
 
坂本継之助(由仁町/畦道)
  同期生笑み残し逝くはだれ雪
  通せんぼ秋立つ空に蜘蛛の糸
  客土するダンプの風と凩と
  雪しまき目線を上げて空探す
  山並みを洗い上げたる白い雲
  
坂本光江(上士幌町/濡つくし)
  水底のもがきは見せぬ蓮の花
  孤独とは言わぬ男や花辛夷
  喪の家のカーネーション雨に濡れ
  月見草いつも空いてる嫁の席
  秋探し目覚し時計いらぬ母
 
坂本欒生(北斗市/道・上磯俳壇)
  北辛夷匂う山里閑として
  里を去る一家見送る青田風
  盆踊り踊らぬ阿呆で老いにけり
  過去は過去余生の未来月夜かな
  雪虫の浮遊の生命手の甲に
 
嵯峨寿美子(岩見沢市/ホトトギス)
  明残る細き下弦の冴返る
  耕人となりて無心に土に触れ
  新緑や生きゐて感謝探呼吸
  雉の列縞目の尾つぼ子を率ひ
  身のひとつ置き処なき炎暑かなな
 
櫻井キミヱ(札幌市/道)
  故郷や山河の唄ふ春障子
  朴香る静寂の杜へ歩の弾み
  炎天下昭和の家の潰さるる
  秋耕へ日の射し込みて鳩群るる
  喝宋の街の大雪旅のひと
 
櫻庭津江子(小樽市)
  静かなる雨月や故郷失せしまヽ
  星月夜老いの自由も日に重く
  初夏や子の忌が又も巡り来し
  ふたしかな足で近寄る返り花
  寒紅をデーサービスヘしのばせし
 
佐々玲子(札幌市/草木舎)
  日脚仲ぶ青信号の続きおり
  青空に貫う時間と花林檎
  襞スカート短かく明日卒業す
  海明けや背広の裾の躾糸
  春昼の会議沖へと続きおり
 
佐々木愛子(由仁町/畦道)
  朝の陽に宝石ちりばむ樹氷林
  碾臼で蕎麦ひく母の影還し
  桜餅一枝も添えてご先祖に
  農機なく遠きは人馬汗みどろ
  磐石にからまり燃ゆる蔦紅葉
 
佐々木素美花(旭川市)
  明急ぐ幽霊の出る時もなく
  うららかを弁当に詰め渡しけり
  アイスティー飲む度噂立たせけり
  コンクリート金属野馬の場所となる
  お花畑気圧の波に囲まるる
 
佐々木蓉子(えりも町)
  喪の家の淡き灯りや水仙花
  消えゆくやえりもの老舗さくら餅
  万緑の風が誘ふ悲恋沼
  百選の渚の試歩や遠青嶺
  長電話切りての余韻秋深む
 
佐々木凌子(えりも町/えりも)
  炎昼に父子が水で遊びをり
  静けさや一人の刻の夏めく日
  四月尽それぞれの道ひたむきに
  極月の朝刊の音ことりとし
  本読みしいつか眠りの夜長かな