四 季 の 小 路
 
五味精子(札幌市)
  名月や初めて一人の串だんご
  暖房の一番良い席夫の席
  主のいないベンチの席に日溜りが
  花紅葉夫の散歩目に映る
  春相撲ひいきの力士夫につぐ
 
斎藤信義(旭川市)
  どこそこの誰が逝きしや昼霞
  初蝶の色ははなから覚えなし
  平成の玉音もまた日のさかり
  簾越しなる妙齢のふくらはぎ
  子規の咳響くいろなき風の中
 
斎藤良子(旭川市/月の厘)
  晴れつづき山の辛夷の純白期
  爆発のごとき匂ひやアイヌ葱
  さらさらと済ます朝食山巣立鳥
  八十八夜の新茶開封風変はる
  初夏や石を仏に仕立てたり
 
斉藤さちこ(札幌市/玉藻)
  ビル街をぬければばっと山黄葉
  紅葉して園のベンチは冷えており
  潦どれも紅葉と青き空
  山紅葉採石場あり音響く
  五天山の裾の紅葉は桜とか
 
斉藤朝由(旭川市/ホトトギス)
  過疎なればこそ悠久の星月夜
  寄せ書きに未来満載卒業す
  子ら帰りまた独り占め夕端居
  相席の団扇の風を只もらふ
  父の歳題へて形見の浴衣着る
  
斉藤秀世(札幌市/道)
  明け易し夫との夢も醒め易し
  春愁う老醜曝す紅の赤
  捨てきれぬ夢を背負いて花の坂
  睡蓮や葉陰に潜むモネの息
  照紅葉背筋伸ばして傘寿坂
 
斉藤みつ子(札幌市/若葉)
  ふと母に甘えて見たし日向ぼこ
  同じ事また言ふ母と日向ぼこ
  夕端居母の本音を聞いてをり
  流木に置かれしままの水眼鏡
  宿の灯を消して見てゐる烏賊釣火
 
斉藤羊子(札幌市)
  青嵐散り敷かれてもなほさくら
  木洩れ日や昭和の日傘さしゆかむ
  逢魔がとき秋の七草声にして
  融雪に見とれカラスにいなされる
  筆持つて楷書一字を睦月かな
 
斉藤和加(札幌市/花鳥・ホトトギス)
  クリスマス賑はひに待つ献血車
  春めくや待つ方好きな待合せ
  再会を約すさやなら桜餅
  やはらかき心持ちたし更夜
  老木の胸を借りたる蔦若葉
 
斎藤厚子(札幌市/秋)
  リセットの効かぬ宿命凍返る
  夏の雨電話の母を抱いてをり
  蓮の花これから先も運まかせ
  トマト切るM R Iの画像かな
  冬銀河この世カオスにおほはれて
 
斎藤季美(札幌市)
  峠から工業地帯囀れり
  日高路や生れたばかり春の雲
  夏鴨の井戸端会議羽づくろひ
  棲むものヽ涼とばしをり池の面
  水澄むや平和な空を祈りをり
 
斎藤静弘(札幌市/道)
  荒鷹の餌を追う眼般若の目
  地を蹴ってしばし虚空の羽抜鶏
  夏近し仕立ておろしの蝦夷の風
  啓蟄や農具の小屋はひそひそと
  婚決まる考妣にともす桜餅
 
斎藤征右(北広島市)
  海峡の航跡重く冬一日
  一陣の風にためらひ日脚伸ぶ
  五月雨や森に匂いのなかりけり
  千年の愁いの阿修羅花の冷え
  炎熱の一日たたみて夕日入る
 
斎藤雅美(札幌市/秋)
  逃げ水や人は廃墟のごと渇く
  舗道よりメトロの排気梅雨深し
  雁の緒の空の起伏をしなひけり
  大都会めくれば枯野果てしなし
  羽毛着てヒト科ヒト属冬に入る
 
斎藤康子(札幌市/青葦)
  皆違ふ風連れて来ししやぼん玉
  額の花雨降り続く裏通り
  木洩日の誘ふ路地なり夏薊
  雨一丁夜潤ふ色の青田かな
  水翳り見失ひたる糸柳