四 季 の 小 路
 
久保田哲子(札幌市/百鳥)
  雲の峰ひとつの石を蹴りながら
  獣骨となりて久しき桜かな
  オートバイショーが始まる麦の秋
  宵宮の射的のうさぎ撃たれけり
  ストッキングに蛇の蛻の重さかな
 
熊川陽子(小樽市)
  万の名を刻む碑沖縄忌
  夏逝くと北国人のさびしき眼
  群萩の実となり風のよそよそし
  晩秋の雲間洩る日の華やげる
  雪原を空の水色広がりぬ
 
熊谷佳久子(札幌市/天為)
  天魚食ぶ祖谷も奥なる花のもと
  囀りりや耳栄豊かなる磨崖仏
  仏頭に花の雨降る臼杵かな
  身の厚き臼杵の河豚や菜種梅雨
  春炉燃ゆ野上弥生子の生家かな
 
熊澤三太郎(函館市/ホトトギス・玉藻)
  クロッカス並んで弥撒の鐘聞いて
  駄句駄句と蛙が云うてをるやうな
  でで虫の庭石のぼりたる旅路
  とんがりの駒ヶ嶺乗せてゐる花野
  シリウスも仰ぎつゝ雪明り道
 
熊崎華月(様似町/郭公/うのとり)
  生涯をこの地と思ふ野分晴
  鞦韆の嶺より高く子らの声
  雲雀鳴く空の探さを新たにし
  晩春の風いきいきと野を育て
  炎熱や樹木の揺する風に触れ
 
倉部仁子(札幌市/草木舎)
  朝夕の煮炊き省略雲の峰
  走り根の脈々とあり夏の雨
  いちにちの終り熟柿の二つ三つ
  地球儀の海は真つ青開戦日
  寒晴や初めて杖と歩こうか
 
栗原郁子(札幌市/天為)
  太箸の長きを余す幼かな
  巣立ちたる子等の背丈の柱庇
  背伸びして受くるブーケや聖五月
  熟睡せる幼の白き祭足袋
  マフラーの完成間近恋逃す
 
黒江鏡湖(札幌市/かでる)
  憲法日徴兵検査の夢をみる
  背を流す友あり紅葉の照り放題
  平凡は易しくなしと青トマト
  選挙後の違憲に与し氷雨かな
  華麗なるフィギアのひとの荒き息
 
桑島敏(新ひだか町/道・ペてかり)
  港町今はさびれて多喜二の忌
  シャッター街ふえて隙間風とまどいぬ
  夕暮れは悲しき色よ深緑
  神となる青藍の空終戦日
  秋冷や男捨て来し女居て
 
桑畠美都子(旭川市/ホトトギス)
  信号の変はり夏へと加速する
  夕風の波打つてゆく蕎麦の花
  憂き事も楽しきことも蕎麦の花
  咲き継ぎて息吹き返す秋の薔薇
  かけ登る夜空へスキーリストかな
 
桑原清恵(小樽市)
  折込みの花のカタログ春動く
  風光る太さロープの新造船
  老鶯のほかは水音雑木山
  海霧こめて平らになりし海の町
  街騒の一瞬とまる炎暑かな
 
小泉千孝(石狩市/アカシヤ)
  昨日今日木槿の匂ひ手に満ちて
  燈台へ寄する草波岩ひばり
  手袋のままに灯して旅終る
  節分も雪に埋れし北住ひ
  踏青やわれの歩すでに老ひきざす
 
腰崎玲子(札幌市/澪)
  サハリンへ置き去りの雛八十路かな
  句遊びの左脳を満たす春景色
  夏柑や兄のいたはり父に似て
  岸に寄る白鳥の足汚れけり
  胸に置く手のひら重き木の葉髪
 
腰原ヨシヱ(小樽市/ホトトギス)
  この道を行けば子親館青き踏む
  朧夜や潮の香りの街に住む
  炎昼や奥うす暗き古本屋
  鰯雲人は小さく地に生きる
  冬帽を深く市井の隅に生
 
小西龍馬(札幌市/ホトトギス)
  忘れゐし罠に躓く猟名残
  にしん群来浜に古老も来て握手
  鉄砲百合咲かせて自慢たこ漁師
  朝茹でと言はねばならぬ蟹売女
  草紅葉むかしは馬車で行きし道