四 季 の 小 路
 
北見静香(比布町/樹氷)
  タンポポをギユツと抜いて菜を植える
  豆の蔓ぐるぐる巻きて子を残す
  手拭に眠りたくなる木の葉髪
  雪無心無心に眺むこと拒む
  宇宙より真直ぐに来し根雪かな
 
北見弟花(比布町/樹氷・あざみ)
  ほころぶ芽森のたてがみ立て直す
  余生にも居直り欲しき立夏かな
  石狩川の瀬音祭りの枕にす
  宇宙から勲章釣瓶落しかな
  壷中にも力満つごと冬薔薇
 
氣田和子(札幌市/はるにれ)
  この頃は鴎よく来る葱妨主
  囀りのオアシス街道白樺
  外つ国の人も並んでゐる茅の輪
  白虹の沖や一遇釣り日和
  宇宙から見えて日本の盆地霧
 
木藤やゑ(小樽市/鶴)
  わたしにも若き日ありぬ山笑ふ
  春雨やそば屋にメガネ忘れきし
  猫の子も草の匂ひを嗅いでをり
  母と子のちひろの色紙子供の日
  リラ冷えや朝の雀の声もなし
 
木村紫峰(栗山町/畦道)
  生かされて掌に溢るるや年の豆
  晩学や瞼重たき春の昼
  忘れ癖無ロが利口と蝸牛
  空蝉や背を割り七日の命かな
  空裂きて星を飲み込む大花火
 
木村俊香(札幌市/雲の木)
  しゃぼん玉生れ出るもの皆いびつ
  魚箱の高く積まるる雲の峰
  祭り笛遠くに聞いて旅枕
  すててこの父の後つくふぐりの児
  山茶花やたたみて温き児の肌着
 
木村照子(旭川市/舷燈)
  ひらがなのある国春の波あそぶ
  京菓子の淡きが届きさくら咲く
  ななかまど炎となる道を友逝きぬ
  すきま風やさしき言草連れて来る
  山々は乳房の容冬の旅
 
木谷洋子(天塩町/若葉)
  忌を修しよりのさみしさ二月逝く
  さみしくば遺影に問うて春を待つ
  日にゆらぎ風にゆらぎて蝌蚪の水
  湿原の春待ちかねて孔雀蝶
  湿原の覚えきれざる名草の芽
 
久木崎葉奈(旭川市)
  住僧の通路連ぬるチューリップ
  あたたかさ雨ある朝の麦生かな
  その海を爽竹桃とこそ言はめ
  人待つに雨の夏野の開ぢゆかむ
  色多き受胎告知や鳥頭
 
工藤彰子(札幌市/蒼花)
  物の芽や赤子眠りて育ちゆく
  声あげて笑ふみどり子麗らけし
  万緑や子は満ち足りて母の胸
  愉しきは隔世遺伝山笑ふ
  久に訪ふ墓に詫びつつ革むしる
 
工藤国子(音更町/柏林・花鳥)
  子等いつも走りたがつて春の泥
  外に居ることが好さな児うららけし
  新人生何をそんなに楽しげに
  腕白に疲れ果てたる子供の日
  大声で日焼の顔が会いに来し
 
工藤牧村(芽室町/ホトトギス・粕林)
  人も木も上手に枯れて並木路
  日高嶺の襞濃くきざむ冬の朝
  朝寝して雪解の靄に溺れけり
  一片を風にまかせて花遍路
  流鏑馬の白馬律律しき騎手の綱
 
國兼よし子(札幌市/雪嶺)
  楽しい夢だったと思う昼寝覚
  夕焼けを直売しますカーブミラー
  正直に痛いといえよ枯向日葵
  ほどほどに生きて敬老の日の粗品
  虚も笑も家族なんです毯の栗
 
国島裕(札幌市/ホトトギス)
  聖誕祭貧しかりしも懐しく
  指揮棒に淑気のやどる第九かな
  繭玉へ当歳の子を抱き上げて
  目には見えぬもの招き入れ北開く
  ひとすぢのペルセウス座流星群
 
國中ひろむ(札幌市/方円・俳句人)
  鳴り独楽の止んで久しきひさしの忌
  暁闇や新開配り終へて凍つ
  薫風や愛さるるため汝は産まる
  ビラとともに挨拶とどけ日輪草
  品性下劣と角ふり立てて蝸牛