四 季 の 小 路
 
金山敏昭(札幌市/澪)
  一献のうつつは君と春の宵
  雲の峰ぬつと湖底のアーチ橋
  爽やかや花一輪の地蔵尊
  秋澄むや枯山水の水の色
  見返りの弥陀のごとくに花芒
 
金子たか子(札幌市/花桐・モミザ)
  雪解けの天から地から光満つ
  車椅子水仙の風届きけり
  オホーツクの牛の放牧皐月晴れ
  こはごはと持ちて変へずに庭花火
  水溜り高き青空写しける
 
金子真理子(札幌市/蒼花・草樹)
  ブランコの君の背中が遠すぎる
  星の名を君に教はる余寒かな
  アネモネや柿三十で家を出る
  雪聞から忘れし恋と自転車と
  一緒なら遠くへ行けるさくら草
 
金子美恵子(札幌市)
  白南風の十勝岳背に美術館
  広島忌そよとも揺れぬ葉影かな
  丸齧りする唐黍や祖母を恋ふ
  新米のおこげの握りしみじみと
  若葉揺る合唱団の「叱られて」
 
金田野歩女(北見市/白魚火)
  雛納む霰一粒転びゆき
  炊き合せ先づ篠の子に舌鼓
  長き夜や頼りに頼る電子辞書
  白樺の枝の先まで雪化粧
  何時の間に声変りして初電話
 
金田一波(利尻町/道)
  どんど火を囲む漁師の赤ら顔
  干鱈の三分の乾き焙りをり
  佐保姫の見守る里の新校舎
  眠り覚むおらが在所の祭り獅子
  海の日や気象予報の敏感に
 
亀松澄江(札幌市/草木舎)
  笹起きる澱粉工場あった場所
  売約済の家春の雲のせて
  春昼の何でも書ける空のあり
  半身はせせらぎの中山背吹く
  永田町の噴水の空割れている
 
加門サダ子(旭川市/舷燈)
  春虹へ抛る青春ブーメラン
  牡丹散る百も承知のはずだけど
  草いきれ好き百姓のD N A
  ほたるぶくろ「ちよつと休んで行きませう」
  空缶蹴り冬夕焼へ物申す

 
加門勝(八雲町/壷・八雲)
  幾万の帆立貝を悼む台風過
  いっぽんの枯木正座を解く兆し
  池の面の風の足跡薄氷
  自転車の空気満タン山笑う
  焦げくさき少年の肌原爆忌
 
粥川青猿(音更町/樺の芽・俳句人)
  捩花の螺旋の先に安楽死
  芒とは言え骨らしきものはある
  狐火の村のどこにも開かずの間
  飛花落花鬼はいずこで泣けばいい
  炎昼のまだ見つからぬ非常口
 
狩野和子(札幌市/雲の木・郭公)
  街川の波ささくれる春吹雪
  春蝉の声とろとろと山の湖
  雲千変二百十日の地平線
  茅葺きの大樹影置く九月尽
  秋日渡し円空佛の孤影かな
 
川合眞知子(札幌市)
  春暁の徐々に色濃くものの影
  更衣箪笥の上の帽子箱
  夕暮れの風やはらかく涼新た
  揺れながら風を待ちをり秋桜
  二度洗ひして大根を輝やかす
 
川内谷弘美(松前町/道・葦牙)
  成行に任せる余生花は葉に
  蕗剥いて指先黒き村床屋採る
  その先をすでに見ている蕨
  背負い児の背なの温もり昆布拾う
  大風車廻る竜飛の北下し
 
河岸悟郎(積丹町)
  店前に並ぶ鮟鱇強面に
  袖丈の少し長目の新入生
  在校生五人五匹の鯉のぼり
  烏賊釣火一夜銀座となりにけり
  芒原抜ければ眼下積丹ブルー
 
河崎秋男(札幌市/ミモザ)
  啓蟄や菜園の準備始めたり
  ソーダ水思ひ出話まだ止まず
  西日差す居酒屋の客赤ら顔
  慰霊碑の名前に触れる終戦日
  夕刊の隅まで読むや日脚伸ぶ