四 季 の 小 路
 
梶鴻風(恵庭市/句写美)
  櫻追ふ旅の始点のスカイツリー
  八重櫻八分に開き空の紺
  瀧櫻天より枝垂り瀧なせり
  菜の花の縁取る三春の瀧櫻
  やがて散る櫻よわれよ宿縁よ
 
梶さち子(札幌市/濡)
  ケトル吹く黄金週間雨催ひ
  汐風にリボン燥ぎて夏帽子
  ラ・フランス朝食ぬさきの日曜日
  アイヌ語の橋の名の上星月夜
  秋の風無口な海に還りけり
 
梶川蓉子(札幌市/方円)
  春遅々と取つ手のゆるぶ鍋ふたつ
  夜の薄暑再配達の荷を受くる
  手話の師に生徒二列や赤蜻蛉
  抱き起す冬の夜母にしやぼんの香
  初売りの経木の匂ふ固豆腐
 
片岡璋子(七飯町/雪)
  リラの香の風に応へて鳴子百合
  藤椅子や気弱ならざること難し
  雷神の息継もなく真夜を駆け
  朝焼や露の草花二三摘む
  冬籠生きてゐるかと問ひに来る
 
勝俣慧子(札幌市/郭公)
  白滝の遠くにうねる谺かな
  こぶし咲く夕日の墓に父の顔
  散りぎわの黙して花の一滴
  道庁の大樹絞りて木の芽風
  秋木立記憶の中の密かな灯
 
勝俣比とし(札幌市/郭公)
  初刷の表紙大さな実を紅く
  蜂の巣の小さきものが軒にある
  喋茶店炎暑の照りも扉まで
  探鳥に新舎建てられ鳥渡る
  水鳥を沖に明るく探鳥舎
 
桂井俊子(札幌市/天為)
  リラ薫る風生む道の開拓碑
  行く道は母と歩きし豆の花
  和鋏は妣の形見よ寒牡丹
  母語る一匙の塩終戦日
  炎天下正午を告げる時計台
 
加藤あや子(南幌町/今)
  鉄道林くろぐろ続く雨水かな
  日の暈にふゆる陽の彩三月来
  雪解風走り根隆と濡れにけり
  日が眩し風が重しと黄水仙
  白鷺のひらりと入りぬ御忌の寺
 
加藤恵子(札幌市/澪)
  雄鶏の富士掴みたる賀状かな
  梳櫛の歯を数へをり雪女郎
  胸元を開けるマネキン春きざす
  便箋の文字遊ばせる桜どき
  つらつらと鉄道馬車や青時雨
 
加藤廣子(小樽市/天為・アカシヤ)
  大声の子のかくれんぼ夕永し
  古代塚ところせましと夏の蝶
  ゴンドラに吊されてゆく秋の声
  揚舟の転にひそみて残る虫
  息白く見あぐる空の一つ星
 
加藤ひろみ(旭川市/雪華)
  しがみつく蝸牛の骸や萩の風
  くれなゐのなでしこ雪に起き直る
  本当を言へば自傷の冬薔薇
  林間の深雪膝もて押し分くる
  細氷のきらめく音のあるやうに
 
加藤弘美(札幌市/ホトトギス)
  雪掻いて暮しの小径繋ぎ合ふ
  針山の日にふくらみて縫始
  灯台は祈りの塔よ鳥渡る
  ままごとの最初のお客春の蝶
  夏潮や波を翼に練習船
 
加藤房子(札幌市/はるにれ)
  初蝶は日のまばゆさを戸惑ひつ
  笛の音のあまねく寺領春の寺
  糸瓜柵あの日のままに庵守り
  友禅の加賀の街ゆくしぐれ傘
  秋声や始発の駅のアナウンス
 
加藤ミヨ(札幌市)
  年輪の声のリズムや敬老の日
  秋うらら喝釆ありて歌唱集
  風落ちて日は西方の草の花
  杖つきし音ゆつくりと落葉踏む
  桐一葉むかしを聴けり未完成
 
金井衆三(札幌市)
  一木沈香春の日の東山
  火の国は春腰に高菜の握り飯
  ぼつかりと口あけている夏の果て
  いななきは岬の辺り霧探し
  ほこり茸蹴りて男は少年に