四 季 の 小 路
 
尾崎尚渉(釧路市)
  けあらしの揺れに通学の子とまぎる
  心音に時計かむり来霜の夜
  街中の余白に灯る月見草
  胎内の子にとんとんと木の実独楽
  けむり見ることなし落葉掃きにけり
 
小澤泰子(小樽市/道)
  爽やかや一万歩越え赤い靴
  復元の遺跡に乱舞夕とんぼ
  一瞬の日のぬくもりや畳の目
  芍薬を植えし妣の影通りけり
  一列に勝利の校歌遠青嶺
 
押野美江(札幌市/ホトトギス)
  ゆったりと大河の蛇行鰯雲
  鰯雲尾は石狩の沖に触れ
  夜は夜の鱗となりて鰯雲
  見えてゐてなほ遠き海花野径
  杖の歩に伸びゆく花野花野径
 
小園里枝(由仁町/畦道)
  日の入りてほんのり暮るる桜餅
  遠き日々化石となりて心太
  鬼灯や母の鼓動の聴ける庭
  鈴虫の音ころがりて消ゆこもごも
  止めよとは誰も言わぬや蝉しぐれ
 
小田島清勝(札幌市/葦牙)
  初夢やリングドーナツ潜り抜け
  抱かれしリボンの犬は雪女
  耳鳴りや地球は春へ舵を切る
  凡人に詩人は遠し二輪草
  金色の銀杏並木に溶ける人
 
越智さち子(札幌市)
  八十のぬり絵親しむ桃の花
  ひ孫てふ宝授かり祭来る
  十薬やわが晩年の常備薬
  夏大根びりりと齢ひきしめる
  赤錆蛤句帳に残る看取メモ
 
音無早矢(札幌市/艀・itak)
  秋の星白衣の白きままであり
  風花のとろとろと車をつつむ
  逃がしたる蜻蛉呼吸を忘れたり
  教授の眼鏡の角度南風吹く
  夢があり丁寧に虹架けにけり
 
小野恣流(余市町/道〕
  流木に浜の風哭く雁供養
  夜は星の自由劇場水張田
  土舐めるごと炎天の遺跡掘る
  秋刀魚糶る男勝りの声あげて
  韃靼の風に爪研ぐ尾白鷺
 
小野田あさみ(札幌市/氷原帯)
  立葵しかし然しと咲きのぼる
  鰯雲やはりスターに違いない
  ラムネ玉一生懸命いきており
  水に明け水に暮れる手虫すだく
  原塙に手を入れており十三夜
 
小野寺泰代(江別市/ミモザ)
  大空へ手のひらむけるクレマチス
  胡瓜揉む小ささ手の子姉となる
  薪割りの音ひびきたる秋日和
  沈む日の駆け出すごとし冬至かな
  かるた取り角けず嫌いな小さき手
 
小畠スズヱ(池川市/樹氷・吾亦紅)
  しろがねの雨粒のせて桐一葉
  吊橋は風の回廊若葉風
  太平洋見つめる龍馬に八重ざくら
  朴咲いて恋の苦味は語らざる
  風光る子規庵訪ふや小半日
 
尾村勝彦(札幌市/葦牙)
  万年筆から海のいろ出て啄木忌
  風入れて挿絵のおどる曝書かな
  青葉潮渚の馬は風となる
  傷つきしカモメの飛翔敗戦忌
  万身をはげまし冬を迎へ討つ
 
開米初枝(千歳市/千歳)
  剪定しそっと暮色を膨らます
  六月の風が買わせる耳飾り
  水打ってかるき風受く犬の耳
  手の窪に草の実重ね野の地蔵
  うたせ湯の肩にはりつく薄紅葉
 
角田順子(浜頓別町)
  着ぶくれて十七文字の未完成
  よさこいの鳴子なる鳴る運動会
  秋声やミサイル発射のJアラート
  ミサイルの渡りて落下秋の海
  ミサイルの落ちて騒乱秋の声
 
笠井操(北見市/壷)
  庭荒るる飛び六方の連翹に
  子等遊ぶ雪解の水を桂馬跳び
  春眠の夢を逃せし羽根枕
  糸桜手添ひに習ふ機結び
  土筆摘む辞令のままに住みつきて