四 季 の 小 路
 
岡田春水(美唄市/雪嶺)
 侘び寂の其処は飛ばされ卒業す
 生涯のだたかい終えし水を打つ
 一城のあるじを捨てし昼寝かな
 はなうたに越えし苦難や栗拾い
 とじょうらの霊の旨味か今年米
   
岡本清(札幌市/花鳥・ホトトギス)
 いつときは外出ためらふ春吹雪
 留守がちの独り住ひや春埃
 素焼するアスパラガスの香りかな
 体操のできる気分に春の風邪
 紫は白に遅れてリラの花
   
岡本正敏(札幌市/濃美)
 来る年の地球の行方眼鏡拭く
 やはらかき火種のひとつ冬はじめ
 竜天に登りで嬰の深ねむり
 焼芋の熱を分け合ふ老夫婦
 ふところに春風入れて鍬一打
   
岡本嘉子(札幌市/濃美)
 手鏡のうしろ舞ひ散るぼたん雪
 むらさきは雪積む庭の日暮いろ
 手を合わす児の手の窪み終戦忌
 点滴の一滴一滴晩夏かな
 秋冷の小樽運河に雲流れ
 
小笠原かほる(室蘭市/itak)
 年玉の袋の裹の注意書
 カーテンの開閉毎に春きざす
 せめて君桜みてから逝きなさい
 母の日の母は不在のまま暮れる
 鈴蘭に音なき事の不思議かな
   
奥野聿矢子(札幌市/白魚火)
 耕人となりたる母の小半時
 納屋裹のほまちの畑野蒜摘む
 四つ折りのままハンカチの縁使ふ
 夏風邪のくさめの響く羅漢堂
 夏霧や車夫には車夫の雨合羽
   
奥山搏(旭川市/ホトトギス)
 流灯の安けさ祈る小雨川
 妻愛でし鬼灯の柄走馬灯
 八月十五日からふとの名消えし日
 じりじりと腕にきざむ残暑かな
 独り居の問にささやく秋の声
   
小能美津(札幌市/郭公)
 ゆづり合ふ一本の道雪間草
 一歩踏み出す早春の甲斐の国
 ゆく春の一筆のこし逝きたまふ
 殉教の丘をはるかに余花の雨
 秩父連山天心を鳥渡る
   
小黒きさらぎ(北見市/青女わかくさ・若葉)
 風光る嶺々の布置ゆるぎなく
 春の鴨さかのぼること嬉しくて
 暮の春皮むき丸太ふくいくと
 アイヌチセ神住む夏炉絶やさずに
 二重虹くぐりて着きぬ一輌車
   
桶谷比呂史(札幌市/澪)
 小児科に靴溢れゐる余寒かな
 羊蹄に馬の雪形村うごく
 散り方の話に及ぶ花見酒
 小鮒釣る少年の日の永かりき
 蚯蚓鳴くネオンの蔭に水子怫
   
小山内栄峰(えりも町/えりも)
 磯ぬれて沖にただよう東風の雲
 一山の雨気重たくて暮春かな
 街中が輝やく雨後や初郭公
 秋爆のその奥燃ゆる夕日かな
 晩夏光湾の静寂に船の影
   
尾崎和子(札幌市/百鳥)
 春一番水平線に山の乗り
 夏椿蜜吸ふ虫を拒まずに
 にはたづみ不意に入りくる秋の雲
 終戦の日や白雲の白極む
 聞きとめしより邯鄲のふくらみ来
   
尾崎尚渉(釧路市)
 花むしろ娶に寝返りうながしぬ
 さえづりの口元見えず胸ばかり
 立ち迷う線香その先蒲の花
 ゴウーンと喚いて野分は汐をはく
 今年秋一喜一憂くり返し
   
小澤泰子(小樽市/道)
 古雛振子時計の刻みおり
 雛祭り合わせて唄う数え歌
 湖渡る耳振つ風や雪解光
 欄干の透かし模様や風涼し
 小豆売る人の笑顔や黒光り
   
押野美江(札幌市/ホトトギス)
 レギュラーとなる子なれぬ子雲の峰
 石狩の灯台小さく雲の峰
 レガッタのオールの揃い雲の峰
 女人にもある志雲の峰
 峰雲の明王となり弥陀となる